M2 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

M2フランス海軍が運用していた潜水艦発射弾道ミサイル(英 SLBM/仏 MSBS)。ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦向けであり、艦には16基搭載できた。

フランスは、独自の核戦力として、潜水艦発射弾道ミサイルの開発を行っており、1971年にフランス初のSLBMとして、M1ミサイルの配備が開始された。このM1ミサイルを原型に、改良型としてM2ミサイルが開発されている[1]。M1は2段式固体燃料ロケットであり、M2では2段目がRita IIロケットエンジンに更新・改良され、射程が伸びている[1]。1973年に試射が開始され[2]、1974年より配備が開始された[1]

弾頭は単弾頭であり、M1と同じく、MR41核分裂弾頭(ブースト付 核出力500kt)[3]。後継となるM20ミサイルも、M2の改良型であるが、弾頭が熱核弾頭となっている。M20への更新は1977年より開始されている。

要目[編集]

  • 全長:10.4m[1]
  • 胴体直径:1.5m[1]
  • 重量:20t[1]
  • 射程:3,000km以上
  • 弾頭:MR41核弾頭

参考文献[編集]

  • La saga des missiles européens (1945-2005), Guillaume Belan, Patrick Mercillon, Paris, éditions TTU-Certes, 2005
  • aerospatiale 06, mensuel de l'établissement de Cannes, paru de 1982 à 1998.
  • Œuvre historique collective, dont Roger Béteille, Jean-Jacques Dechezelles, Philippe Jung, Guy Lebègue, etc., 80 ans de passion, le site de Cannes de 1919 à 1999, Éditions Version Latine, 1999

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 現代の兵器総集 月刊 丸 別冊,P278,潮書房,1978年
  2. ^ MSBS M2 Chronology
  3. ^ NUCLEAR WEAPONS DATABOOK PROJECT WORKING PAPER,1989年

外部リンク[編集]