M103号線 (クロアチア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
M103号線
基本情報
スロベニアの旗 スロベニア
起点 ドゥゴ・セロクロアチア語版
終点 ノヴスカクロアチア語版
運営者 クロアチア鉄道
路線諸元
路線距離 83.405 km
軌間 1,435 mm
電化方式 交流50Hz 25kV
テンプレートを表示

クロアチア鉄道M103号線 (クロアチア語: Željeznička pruga M103) はクロアチア共和国ドゥゴ・セロクロアチア語版ノヴスカクロアチア語版を結ぶ路線である。ドゥゴ・セロ駅ではザグレブ方面(M102号線)およびブダペスト方面(M201号線)、ノヴスカ駅ではシサク方面(M104号線)およびベオグラード方面(M105号線)に接続する。

概要[編集]

全長は83.405kmであり、全線が複線、交流50Hz 25kVで電化されている。汎ヨーロッパ回廊の10号線(ザルツブルク - リュブリャナ - ザグレブ - ベオグラード - ニシュ - スコピエ - ヴェレス - テッサロニキ)の一部を形成する。

1919年から1977年にかけてはオリエント急行が当線を経由していた[1]

列車[編集]

ベオグラード - ザグレブ - リュブリャナ間を結ぶ国際列車が当線を経由する。国内列車も設定されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]