IronFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IronFX
業種 プライベ-ト
設立 2010
創業者 Markos A. Kashiouris[1] & Peter G. Economides
代表者等 Markos A. Kashiouris, Founder & CEO
従業員数 200
ウェブサイト https://www.ironfx.com/ja

IronFX(アイアンエフエックス)は外国為替(Forex、FX)、CFD、米国株、英国株、コモディティ、スポットメタル、バイナリーオプションの取引に特化したグローバルなオンラインブローカーである。欧州、アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカの個人投資家及び機関投資家に対してサービスを提供している[2]。複数の口座やプラットフォームを使用可能な売買を投資家に提供しており、200以上の売買可能な金融商品を提供している[3]

IronFXは急成長中のFXブローカーとして認定されており[4]、ワールド・ファイナンス誌(World Finance)からベスト・トレーディングプラットフォーム2012賞(Best Trading Platform 2012)[5]、欧州CEO誌(European CEO)から最も急成長しているFXブローカー2011賞(Fastest Growing FX Broker 2011)、欧州CEOから2013年CEO賞(CEO of the Year 2013)(マルコス・カシウリス[6][1] などの数々の受賞を受けている。また、IronFXはトレーディング・コンテストについてもよく知られており、2012年に賞金15万ドルもしくはスーパーカーというFX史上最大のコンテストを開催した[7]

IronFXは、銀行、財務、自動化されたリスク管理をおこなう金融当局によって規制されたブローカーである。顧客の資金にかかわる業務は、外部のアーネスト・アンド・ヤングによって監査を受けている。IronFXは、国際的な規制基準にもとづいている。IronFXは、CySECやFCA,ASIC,FSB,UCRFINやヨーロッパのMiFIDによって規制を受けている[8][9][10][11][12]

IronFXは、FCバルセロナとのパートナーでもある。

ウォルストリートジャーナルによると、IronFXは、2015に800万ドル相当の内密にIPOに関する書類を提出している。

沿革[編集]

IronFXは、1972年設立の国際的な金融サービスの一員である。IronFX自体は2010年にMarkos A. Kashiouris(マルコス・カシウリス)とPeter G. Economides(ピーター・G・エコノミド)により設立された。IronFXは独自の顧客中心モデル、様々な金融商品、売買プロモーションやインセンティブをもとに、金融サービス業界で急速に成長した[3]。IronFXはモバイル用プラットフォームを含め、合計15の売買プラットフォームを提供している[3]

2012年、IronFXは賞金15万ドルもしくはスーパーカーというFX史上最大のコンテストを開催した。授賞式は上海で行われた[7]

規制[編集]

IronFXはキプロス証券取引委員会及びオーストラリア証券投資委員会の認可・規制を受けている。また、英国の金融サービス機構にも登録され、EU当局の認可を受けている[3]。EUの金融商品市場指令(MiFID)にも完全準拠している[3]

受賞歴[編集]

  • ベスト・トレーディングプラットフォーム2012(Best Trading Platform 2012)、ワールド・ファイナンス賞(World Finance Awards)[13]
  • 最も急成長しているFXブローカー2012(Fastest Growing FX Provider 2012)、ワールド・ファイナンス賞(World Finance Awards)[13]
  • ベストFXブローカー2012(Best FX Broker 2012)、チャイナ・ファイナンス・オンライン(China Finance Online)[14]
  • ベストFXサービスプロバイダー2012(Best FX Service Provider 2012 )、中国金融賞(China Financial Awards)
  • 最も急成長しているFXブローカー2011(Fastest Growing FX Broker 2011)、欧州CEO賞(European CEO Awards)[1]
  • ベストFX新人賞2011(Best FX Newcomer 2011 )、ワールド・ファイナンス賞(World Finance Awards)[5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Markos A. Kashiouris (2011年11月25日). IronFX Wins Fastest Growing FX Broker Award (Television). European CEO Magazine via YouTube.. http://www.youtube.com/watch?hl=en&gl=US&client=mv-google&v=N0vguMXguPc&nomobile=1 
  2. ^ IronFX: Award-winning forex solutions with a global reach”. World Finance magazine. 2014年2月閲覧。
  3. ^ a b c d e “IronFX Improves Retail and Institutional Platforms”. World Finance Magazine. (Jan/Feb 2013). http://www.worldfinance.com/markets/fx-and-brokerage/ironfx-improves-retail-and-institutional-platforms 2013年2月8日閲覧。 
  4. ^ Markos A. Kashiouris. IronFX: Service, Transparency, Innovation (Television). London Stock Exchange: European CEO Magazine.. http://www.europeanceo.com/videos/2011/11/ironfx-service-transparency-innovation/ 
  5. ^ a b Markos A. Kashiouris (2011年11月). IronFX Best FX Newcomer 2011 Award – World Finance (Television). World Finance Magazine via YouTube.. http://www.youtube.com/watch?v=E90sld2D9Io 
  6. ^ “CEO of The Year 2013”. European CEO. http://www.europeanceo.com/ceo-of-the-year-2013/ 2013年6月7日閲覧。 
  7. ^ a b Monson, Adrienne (2013年2月21日). “Largest Promotions In Marketing History”. Adrienne Monson. http://www.adriennemonson.com/the-largest-promotions-in-marketing-history/ 2013年2月21日閲覧。 
  8. ^ CySEC license”. Cyprus Securities and Exchange Commission (CySEC). 2014年3月27日閲覧。
  9. ^ FCA license”. Financial Conduct Authority. 27 mars, 2014閲覧。
  10. ^ ASIC license”. Australian Securities and Investments Commission. 2014年3月27日閲覧。
  11. ^ IronFX opens yet another office, enters South Africa”. LeapRate. 2014年7月21日閲覧。
  12. ^ UCRFIN license”. 29 mars, 2014閲覧。
  13. ^ a b “Foreign Exchange Awards 2012”. World Finance Magazine. (2012年). http://www.worldfinance.com/awards/2012-foreign-exchange-awards 2013年2月8日閲覧。 
  14. ^ “The Navigator Chinese Financial Industry Annual Selection of the Foreign Exchange Industry Best Forex Broker” (Chinese). JRJ.com. http://forex.jrj.com.cn/2013/01/15144014945700.shtml 2013年3月4日閲覧。 


脚注[編集]