IC 418

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
IC 418
Spirograph Nebula - Hubble 1999.jpg
星座 うさぎ座
視等級 (V) 9.6[1]
視直径 30″
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 05h 27m 28.2037s[1]
赤緯 (Dec, δ) -12° 41′ 50.265″[1]
距離 3.6 ± 1.0 ×103光年[2]
物理的性質
半径 0.15光年
別名称
別名称
Spirograph Nebula
Template (ノート 解説) ■Project

IC 418は、銀河系の中にある惑星状星雲である。Spirograph Nebulaという名前は、スピログラフの描くパターンに似た入り組んだ模様に由来する。

歴史[編集]

数百万年前には、IC 418は恐らくごく普通の赤色巨星であった。核の燃料を使い果たした後、将来白色矮星になる熱い核を残して、外層が外側に拡大を始めた。

IC 418は、約3600光年離れたところにあり、0.3光年にわたって広がっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for IC 418. 2006年12月22日閲覧。
  2. ^ Expansion Parallax of the Planetary Nebula IC 418”. Paper on IC 418. 2013年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]