GT.M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GT.M とは、高速でスキーマレスな階層構造型データベースエンジンで、トランザクション処理に最適化されている。GT.M はアプリケーション開発環境であり、ANSI/ISO/JIS国際標準M 言語(MUMPS)のコンパイラでもある。

概要[編集]

GT.M の起原は Greystone Technology M で、Greystone Technology Corp. によって開発された。現在は、様々なUNIXシステムやHewlett-PackardのOpenVMSシステム等向けに実装されている。又、伝統的なM言語の機能に加え、実行中にインタプリタを必要としないオブジェクトコードを生成する最適化コンパイラが提供されている。尚、階層構造データにおいては、RDBを凌駕する検索速度などが報告されている。

GT.M と 他のM言語実装[編集]

GT.Mは、他のM言語実装とは以下が異なる。

  • データとコードが別ファイルで管理されている
  • ソースコードは、インタプリタ実行ではなくコンパイルされる

GT.M の稼働環境[編集]

GT.Mは、以下の環境で稼働する。

IBM RS/6000 AIX, HP Alpha/AXP, Tru64 Unix, OpenVMS, HP Series 9000 HP-UX, Sun SPARC Solaris, x86 GNU/Linux

尚、ライセンス形態はAGPLで、x86/Linux, HP Alpha/AXP, Tru64 Unix and HP Alpha/AXP OpenVMS 環境下において提供されている。IA64/HPUX, IA64/Linux 環境向けは現在開発中。

外部リンク[編集]