Display Manager

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Display Managerディスプレイマネージャ)とは、APOLLO Domainシリーズのワークステーションで使用されていた、アポロコンピュータ社独自に開発されたウィンドウシステムである。このディスプレイマネージャは、初代のワークステーションから実装され、日本に普及後、日本語化した漢字ディスプレイマネージャとして発売された。

概要[編集]

ディスプレイマネージャは1981年、アポロコンピュータ社が世界最初のEWSとしてDN100を出荷していた時から搭載されていたウィンドウシステムである。 最大の特徴は、4種類のウィンドウをもち、DMコマンドと言う制御コマンドをもち以下を制御する機能を搭載していた。

  • ウィンドウ制御
  • ペーストバッファ制御
  • テキスト入力制御
  • 検索
  • 置換え
  • キー定義制御
  • プロセス生成制御
  • ログイン・ログアウト制御

漢字ディスプレイマネージャは、上記機能に加えフロントエンドプロセッサ機能を搭載していた。

搭載OS[編集]

ディスプレイマネージャは、アポロコンピュータ社が開発したOSAEGISおよびDOMAIN/OSに搭載され、HP-UXのオプションソフトウェアとして販売されていた。

DOMAIN/OSになったとき、X Window Systemを取込みディスプレイマネージャと並列に動作可能な環境が提供された。 ただし、UNIXで構築された動作環境を取り込む目的で搭載したものであり、X-WINDOWアクセラレータなど高速化させる仕組みはハードウェアではサポートされなかった。(当時のコンピュータではX-WINDOW SYSTEMは非常に重いソフトウェアであった)

HP-UXには、オプションソフトウェアで一時的に販売されていた。 ディスプレイマネージャ環境の開発能力は、X-WINDOW SYSTEMをはるかに超えるものであったが、高価であったことと、極端な環境の変化となるため企業投資上売れなかった。さらにHP-UXは、AEGISやDOMAIN/OSのような分散OSではないため、その真価を発揮できなかった。

4種類のウインドウ[編集]

DM入力ウィンドウ[編集]

DMコマンド入力する専用ウィンドウ

DM出力ウィンドウ[編集]

DMコマンド実行結果を表示する専用ウィンドウ

トランススクリプトパッド[編集]

フォアグランドで動作するプロセスを表示するウィンドウで、起動時に指定されたシェル(コマンドラインインターフェース)が操作する。 トランススクリプトパッドは、操作結果履歴が残るリードオンリーの編集パッド領域と、シェルコマンド入力領域をもつウィンドウを言う。 入力領域をホールド機能で固定すると、編集パッドと同等の編集操作が可能で、その場でスクリプト編集が行えた。

編集パッド[編集]

テキストファイル編集をサポートするウィンドウである。 編集能力は、現在のPC上の高機能エディタ(例:秀丸エディタさくらエディタ)の能力を備えていた。 そのため、UNIXでは一般的とされるviEmacs等の端末に縛られるエディタは、APOLLO Domainシリーズのワークステンション以外のワークステーション使用者用の救済コマンドであった。

DMコマンド[編集]

DMコマンドはテキストのスクリプトとしてDM入力ウィンドウ上で実行が可能で、利用者しだいで、メニュー表示や漢字変換システムなどを利用者に合わせて製作が容易にできた。 これらをスクリプトをキー定義することで、より使いやすい環境を自前で製作が可能であった。

種類 DMコマンド 概要
カーソル制御 AL カーソルを左に一文字移動する.
AD カーソルを右に一文字移動する
AR カーソルを下に一行移動する
AU カーソルを上に一行移動する
AS AS x y

矢印キーのスケール・ファクタを設定する

CURS CURS [-ON,-OFF]

カーソル位置の制御を設定する

TL カーソルを現在の行の先頭に移動する
TR カーソルを現在行の最後尾に移動する
TT ウインドウの最上部にカーソルを移動する
TB カーソルをウインドウの最下行に移動する
TWB TWB [-L,-R,-T,-B]

カーソルを指定されたウインドウの境界に移動する。 次のオプションのうちどれか一つが必要である。

-L カーソルを前の位置から平行にウインドウの左の境界に移動する。

-R カーソルを前の位置から平行にウインドウの右の境界に移動する。

-T カーソルを前の位置から垂直にウインドウの上の境界に移動する。

-B カーソルを前の位置から垂直にウインドウの下の境界に移動する。

TH カーソルをつぎのタブ・ストップまで右に移動する。
THL カーソルを前のタブ・ストップまで左に移動する。
TS TS n1 n2...[-R]

ウインドウの最上部にカーソルを移動する。

-R 最後のインターバルを繰り返す.

TDM カーソルをDMインプット・ウインドウに移動する.
TLW カーソルを最後(直前)のウインドウに移動する.
TN カーソルを次のウインドウに移動する.
TNI カーソルを次のアイコンに移動する.
TI カーソルを次のインプット・ウインドウに移動する.
プロセス制御 CP CP [-I,-C 'char'] pathname [-N process_name] [args...]]

[領域] CP [オプション] パス名 [引数...]

プロセス,パッド,ウインドウを生成する.

-I プロセスに生成されるウインドウをアイコンの形にすることを指定する.

-C‘文字’ アイコン・ウインドウで使用されるアイコン文字を指定する.‘文字’は,現在のアイコン・フォントの中に存在しなければならない.このオプションが指定されず-I がある場合,ディスプレイ・マネージャはこのパッド・タイプのデフォルトのアイコン文字を使用する.

-N 名前 プロセス名を指定された‘名前’にする.省略すると, DM は,その名前を“Process_n”にする. n は,各プロセスについて, 1 から始まりプロセスが増えるごとに一つずつ増える整数. SR8 の DM のエラーが原因で,正確に解釈されるために, -N オプションは‘パス名’引数(パス名に渡す引数)の後に置く必要がある.

CPO CPO パス名[オプション]

パッドやウインドウなしでプロセスを生成する。

CPS CPS パス名 [オプション]

ログインから独立したプロセスを生成する。

DQ -B|-C nn]

プロセス内にクイット・フォールトを生成する。 -C nn 指定の16進のステータス(nn)を有する,任意の非同期的フォールトを生成する。

-S プロセス全体を可能なかぎり制御された方法で停止する.オープンされているストリーム,ファイル,パッド等をクローズする.シェルの親プロセスも停止されクローズされる。

-B プロセスを放棄する。ユーザー・モードでの指令をこれ以上実行しない。

DS プロセスを停止する。
DC プロセスを再実行する。
パット制御 CE CE pathname

[領域] CE パス名 [オプション]

編集パッド(テキストエディタ)とウインドウを生成する。

CV CV pathname

読み取り専用の編集パッドとウインドウを生成する。

CC 既存のウインドウのコピーを生成する。
ウインドウ制御 WG ウインドウを拡大または縮小する。
WGE ウインドウを,ラバーバンドを使用して拡大,縮小する。
WM スクリーン上でウインドウを移動する。
WME ウインドウをラバーバンドを使用して移動する。
WP WP [ウインドウ名,グループ名][-T,-B ]

スタック上のウインドウをプッシュまたはポップする。 -T ウインドウを強制的にウインドウ・スタックの先頭に移動する。 -B ウインドウを強制的にウインドウ・スタックの最下部に移動する。

WC WC [-F] [-Q] [-A] [-S]

ウインドウとそれに関係付けられた機能をクローズする。 -Q パッド(ファイル)を更新せずに終了する.ウインドウがオープンしている間に行われた変更はすべて無視される.変更が行われている場合には,本当に消去してもよいか確認するために,“File modified.OK to quit?”とシステムがプロンプトを行う. -F それがプロセスに対し開かれている最後のウインドウである場合にも強制的にクローズする。 ただしウインドウがなければそのプロセスにはアクセスできなくなることに注意する。 -A 現在のウインドウをオート・クローズ・モードにする.オート・クローズ・モードでは,参照しているパッドがクローズするとそのウインドウもクローズする。 -S 現在のウインドウのオート・クローズを無効にする.オート・クローズが無効の場合(デフォルト状態)参照しているパッドが閉じてもウインドウは残存する。

WA WA [-ON,-OFF]

ウインドウをオートホールド・モードに設定する。

WS WS [-ON,-OFF]

スクリーン上でウインドウを移動する。

WH WH [-ON,-OFF]

ウインドウをホールド・モードに設定する。

WDF WDF [n]

DMのデフォルト時のウインドウの位置を定義する。

ICON ICON [エントリー名][オプション]

ウインドウまたはウインドウ・グループをアイコンに変える。

・エントリー名(省略可) アイコンに変更したい,またはウインドウに戻したいウインドウやウインドウ・グループの名前を指定する.省略時はカーソルがあった場所のウインドウのパス名を使用する。

・オプション: -I 強制的にウインドウやグループをアイコンとして表示する。 -W 強制的にウインドウやグループをウインドウとして表示する。 -C char そのウインドウを表すための DM アイコン文字を指定する。

WI WI [エントリー名][-I] [-W]

-I ウインドウやグループを強制的に表示しないようにする。

-W ウインドウやグループを強制的に画面に表示させる。

WGRA WGRA グループ名 [エントリー名]

ウインドウ・グループの生成または追加する。

WGRR WGRR グループ名 [エントリー名] [entry_name]

グループからウインドウやグループを除去する。

CPB CPB グループ名[オプション]

グループ内のウインドウのリストを表示する。

IDF アイコンのデフォルト時の位置とオフセットを設定する。
パッド内制御 PB パッドの最下部をウインドウに移動する。
PT パッドの最上部をウインドウに移動する。
PP PP [-]n

パッドを垂直にページ毎にスクロールする. [ - ]n (省略不可)

スクロールするページ数を指定する.正(符号なし)の‘n’は下にスクロールし、負の‘n’は上にスクロールする。 ‘n’は分数でもよい。“ページ”はつぎのどちらかの値よりも小さな値で定義される。

・ウインドウに入る行数. ・ウインドウの最下部と,次のフォーム・フィードまたはフレームとの間の行数。

PV PV [-]n

パッドを行単位で垂直にスクロールする。 [ - ]n (省略不可)

スクロールする行数を指定する.正の(符号なし)‘n’は下へ,負の‘n’は上へのスクロールを表す。

PH PH [-]n

パッドを行単位で垂直にスクロールする。 [ - ]n (省略不可)

スクロールする文字数を指定する.正(符号なし)の‘n’はパッドを左に;負の‘n’は右にスクロールする。

PN PN パス名

トランスクリプト・パッドをファイルにセーブする。

RO RO [-ON,-OFF]

リード/ライト・モードを設定する。

EI EI [-ON,-OFF]

インサート/オーバーストライク・モードの設定。

ES ES ‘文字列’

文字列を挿入する。

EN 改行文字を挿入する。
ER ER nn

RAW キャラクターを挿入する。

EEF ファイル終端マークを挿入する。
ED カーソル位置の文字を削除する。
EE カーソルの左の文字を消去する。
XC XC[ -R ][ -F  パス名,名前]

[領域] XC [ -R ][ -F  パス名,名前]

テキストをペースト・バッファーにコピーする。

-R 矩形領域のテキストをペースト・バッファーにコピーする。

XD XD [ -R ][ -F パス名,名前]

テキストをカット(消去)してペースト・バッファーに書き込む。

-R 矩形領域のテキストをカット(消去)をペースト・バッファーに書き込む。

XP XP [ -R ][ -F パス名,名前]

バッファーのテキストをパッドにペーストする。

-R バッファーの矩形領域テキストをパッドにペーストする。

XI [ -F パス名] ディスプレイ・イメージをグラフィック・マップ・ファイルにコピーする。

-F パス名 GMF出力ファイルを指定する.このオプションが省略された場合は、イメージは ‘NODE_DATA/PASTE_BUFFERS/DEFAULT.GMF に書込まれる。 GMFはPRFシェル・コマンドに-PLOT オプションをもちいてプリントすることができる。

サーチ /regular exp/ 文字列を前から後にサーチする。

\regular exp\ 文字列を後ろから前にサーチする。

// or \\ 繰り返し文字列をサーチする。

SQ サーチ作業をアボートする。
SC SC [-ON,-OFF]

サーチ時に大文字小文字を区別するか否かを設定する。

置換 S/re/replace/ 指定された領域内で一致する文字列をすべて置換する。

SO/re/replace/ 最初に一致した文字列を置換する。

UNDO 以前の DM コマンドを取消し,前の状態に戻す。
PW 編集パッドをそのままにして編集中のファイルを更新する。
ECHO ECHO [-r]

テキストの範囲指示を始める。または範囲指示を解除する。 -r 矩形テキストの範囲指示を始める。

ABRT テキスト(文字列など)のサーチ(探索)をアボート(中止)する。

ECHOコマンドを伴ういかなる作業も取り止める。

CASE CASE [-U,-L,-S]

指定されたテキスト範囲内のすべての文字の大文字小文字を反転する。 -S -- すべての大文字を小文字に,すべての小文字を大文字に変換する(指定された領域で)。 -U -- 定義された範囲内のすべての文字を大文字(uppercase)にする。 -L -- 定義された範囲内のすべての文字を小文字(lowercase)にする。

その他 KD KD キー名 [[定義]KE ]KD

キーの定義を設定または表示する.

KBD KBD n キーボードの機種を宣言する.

注意: このコマンドは DM ファイル 'NODE_DATA/STARTUP の中でのみ有効でキーボードから打込むことはできない.スタート・アップファイルに関する情報は DOMAIN System User's Guide を参照すること。

KBD コマンドは,適切な標準キー定義が用いられるように,そのノードで使用されているキーボードのタイプを宣言する。このコマンドが‘NODE_DATA/STARTUP ファイルで呼出されると, DM は対応するキー定義ファイル(/SYS/DM/STD_KEYS2 または /SYS/DM/STD_KEYS3)を実行する。

このコマンドが呼出されない時は, /SYS/DM/STD_KEYS(880キーボードに対応)が使用される。

L L id [ proj [org]][オプション]

ノードにログインする。

-P 新しいパスワードを設定する.古いパスワードでのログインに成功したあとシステムはあたらしいパスワードの設定をプロンプトする.パスワードは最高八文字までの ASCII 文字の組合わせである。(注意:あるネットワーク形態では,安全性を増すために六文字以上のパスワードを要求してくる場合がある。

ネットワークでこの要求が行われた場合はローカル・システム・アドミニストレータとチェックすること)

-H 新しいホーム・ディレクトリを設定する.ログインに成功したあとでシステムが、ログインする新しいホームディレクトリを確立するようにプロンプトしてくる。

要求するパス名を入力する.これはログインする度に,デフォルトで設定されるワーキング・ディレクトリである。

LO LO [オプション]

ノードからログオフする.

-F 正常に停止できないプロセスを強制的に消去してログオフする.このオプションを使用する場合,あるディスクスペースが失われることがあることに注意。

ディスク・スペースを回復するにはサルベージャー SALVOL を使用する。

-OFF ログオフできないようにする.このオプションが指定されると,現在ログイン中のユーザーはログオフすることができない。

-ON ログオフを可能にする.ユーザがログオフできるようにするために使用する。

EX ディスプレイ・マネージャからブート・シェルへ抜け出る。
SHUT SHUT [-F]

システムをシャット・ダウンする。

DR 領域定義のためのマークを設定する。
GM マークした位置へ移動する。
CMS 既存のマークを消去する。
RM マークをマーク・スタックに再度置く。
= ウインドウの行数、カラム数とビットマップのピクセルの座標の表示
AA ディスプレイ・マネージャのアラームを確認する.
AP アラームを確認し,ウインドウをポップする.
ENV ENV 変数 [値]

環境変数の設定または表示.

BGC BGC [-ON,-OFF]

画面の背景色を設定する。

INV INV [-ON,-OFF]

ウインドウの色を設定する。

MONO [-ON,-OFF] 白黒のモードの有効/無効制御をします。
MSG MSG ‘文字列’

DM出力ウインドウにメッセージを表示する。

RS スクリーンをリフレッシュする。
RW ウィンドウのリフレッシュを行う。
FL FL パス名 [ -I ]

パッドで使用されるフォントをロードする。

-I ロードするフォントをアイコン・フォントとして指定する。

CMDF CMDF pathname

DMスクリプトを実行する。

参考文献[編集]

  • AEGIS COMMAND REFERENCE(Apollo Computer社)
  • Domain/OS display manager - Command reference (1988-07 HP社)