Category:ユリウス・クラウディウス家

ナビゲーションに移動 検索に移動

ユリウス・クラウディウス家は、アウグストゥスの治世からネロまで、ローマ帝国を支配した家系。初代のアウグストゥスはガイウス・ユリウス・カエサルの養子となったため、ユリウス氏族を継ぐ立場であったが、後を継いだティベリウスは妻リウィアの連れ子であり、実父はクラウディウス氏族の出自で直接アウグストゥスとは血縁はなかったため、系譜上で2つの氏族が並立する形となった。それ以外にもアウグストゥスの実姉小オクタウィアとの血縁からマルクス・アントニウスの血統、アウグストゥスの側近であり娘婿となったマルクス・ウィプサニウス・アグリッパの血統も入っている。

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 4 件が含まれており、そのうち以下の4 件を表示しています。

  • ネロ(21ページ)

カテゴリ「ユリウス・クラウディウス家」にあるページ

このカテゴリには 50 ページが含まれており、そのうち以下の 50 ページを表示しています。