CRぱちんこおぼっちゃまくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CRぱちんこおぼっちゃまくんとは、2009年5月に京楽産業.から発売されたパチンコ機種の名称。小林よしのり作の漫画アニメ作品『おぼっちゃまくん』がモデルとなっている。

概要[編集]

本機は一般的な漫画・アニメのタイアップ機とは違って、おぼっちゃまくんのキャラクターが、過去に京楽から発売されたパチンコ機の演出のパロディを展開する。このため作品本編に関連する演出は少なくなっているが、「ともだちんこ」を用いた特徴的な演出がある。主人公・御坊茶魔の声はアニメで茶魔を演じた神代知衣ではなく大谷育江が担当している。作者である小林よしのり自身も登場している。

スペック[編集]

一部公式サイトにて[1]

CRぱちんこおぼっちゃまくんM7[編集]

  • 賞球数 3&10&12
  • 大当たり確率:1/308.5(低確率)→1/30.9(高確率)
  • 確変割合:72%
    • ヘソ入賞 15R確変:29.0%、突然確変:39.0%(潜伏:37.0%)、10R確変(左アタッカー):3%、15R確変(左アタッカー):1%、15R通常(下アタッカー):28%
    • 電チュー入賞 15R確変(下アタッカー):50%、5R確変(左アタッカー):7.5%、10R確変(左アタッカー):7.5%、15R確変(左アタッカー):5%、突然確変:2%、15R通常(下アタッカー):28%
  • 大当たりラウンド:15ラウンド・8カウント
  • 特賞出玉:約1250個
  • 時短:全ての大当たり終了後100回転

図柄[編集]

確変図柄[編集]

  • 3
  • 7

チャンス(通常)図柄[編集]

  • 1
  • 2
  • 4
  • 5
  • 6

パチンコ批判をめぐる問題[編集]

本機種が発表されると同じくして「パチンコといえば、在日韓国人との接点が指摘される娯楽産業である。」などと主張するもの達により、原作者である小林に対する批判が一部で起こった。 小林は近年多くの右翼的な言動を行ってきただけに、ネットにおいて「北朝鮮に魂を売った」などの批判の声が寄せられた。小林はこれを受けて『SAPIO2009年6月3日号で、以下の反論を行っている。

  • 自分はプロの漫画家であり、プロが利益を追求するのは悪いことではない。
  • 発売メーカーは日本の企業であるから、批判は的外れ。
  • 北朝鮮への送金は政府が規制あるいは禁止すればいいだけの話で、パチンコやタバコを悪とする純粋主義は許しがたい。
  • ネット上の批判に対しては「ネット右翼は、商売を汚いことだと見なす社会主義的な体質がある」「パチンコひとつでガタガタ言っているような匿名のカスなど眼中にない!」と切り捨てた。

なお、後述の外部リンクでは、小林の財政事情が逼迫していたことが原因でパチンコでの使用を許可した旨が紹介されている。

また、小林がAKB48のファンになったのも、AKB48自体が本機種の発売元である京楽との関係が深いことと関係があるのではないかという指摘もある[2][出典無効]

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト・基本仕様
  2. ^ 小林よしのりがパチンコマネーもらってAKBに開眼

外部リンク[編集]