CDKN1B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイクリン依存キナーゼ阻害1B (p27, Kip1)

PDB rendering based on 1jsu.
Available structures
PDB Ortholog search: PDBe, RCSB
識別記号
記号英語版 CDKN1B; CDKN4; KIP1; P27KIP1
その他ID OMIM英語版600778 MGI英語版104565 HomoloGene英語版2999 GeneCards: CDKN1B Gene
RNA発現パターン
PBB GE CDKN1B 209112 at tn.png
その他参照発現データ
オルソログ
ヒト マウス
Entrez英語版 1027 12576
Ensembl英語版 ENSG00000111276 ENSMUSG00000003031
UniProt英語版 P46527 Q4FJM2
RefSeq (mRNA) NM_004064 NM_009875
RefSeq (protein) NP_004055 NP_034005
Location (UCSC) Chr 12:
12.76 - 12.77 Mb
Chr 6:
134.89 - 134.89 Mb
PubMed search [1] [2]

CDKN1B (Cyclin-dependent kinase inhibitor 1B) は、サイクリン依存キナーゼ阻害1Bであり、p27とも言い、ヒトのCDKN1B遺伝子にコード化されている酵素である[1]。CDKN1Bは、サイクリン依存キナーゼ(CDK)阻害タンパク質のCip/Kipファミリーに属するタンパク質をコード化している。このコード化されたタンパク質は、サイクリンE-CDK2またはサイクリンD-CDK4複合体に結び付き、それらの活動を妨げ、それゆえ、G1において細胞周期の進行を調整している。CDKN1Bは細胞分裂の周期を停止またはスローダウンさせる大きな役割があるため、CDKN1Bは細胞周期の阻害タンパク質と呼ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ Polyak K, Lee MH, Erdjument-Bromage H, Koff A, Roberts JM, Tempst P, Massague J (Aug 1994). “Cloning of p27Kip1, a cyclin-dependent kinase inhibitor and a potential mediator of extracellular antimitogenic signals”. Cell 78 (1): 59–66. doi:10.1016/0092-8674(94)90572-X. PMID 8033212.