BeeSat-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BeeSat-1
BeeSat-FM Post-Acceptance-Test-Checkout 2008-09.JPG
打ち上げ前
所属 TUB
衛星バス 1U CubeSat
任務 技術
打上げ日時 2009-09-23
06:21 UTC
輸送ロケット PSLV-CA C14
打上げ場所 サティシュ・ダワン FLP
任務期間 12ヶ月 (計画)
COSPAR ID 2009-051C
公式サイト TUB - Beesat
質量 1キログラム (2.2 lb)
軌道要素
軌道 太陽同期軌道[1]
軌道傾斜角 98.3°
遠点高度 723キロメートル (449 mi)
近点高度 714キロメートル (444 mi)
軌道周期 99.16 分

BeeSat-1(Berlin Experimental and Educational Satellite 1)はベルリン工科大学が運用するドイツの人工衛星。1U型CubeSatで、新型のリアクションホイールを含め、将来の宇宙機に使用される予定のシステムを試験するために設計された[2][3]。またアマチュア無線にも利用され、小型のカメラも搭載していた[4]

BeeSat-1は2009年9月23日にインドのサティシュ・ダワン宇宙センターからPSLV-CAによって打ち上げられた[5][6]。メインペイロードはOceansat-2衛星であり、BeeSat-1の他にもSwissCube-1UWE-2ITU-pSat1Rubin 9.1Rubin 9.2などの相乗り衛星があった[7][8]

設計時の運用年は最低12ヶ月で[2]、2011年1月の現在でも運用中である[4]

2013年4月19日にはソユーズ2-1AロケットでロシアのBion-M1衛星が打ち上げられたが、この相乗りペイロードとしてBeeSat-2とBeeSat-3が一緒に打ち上げられた。この2つの衛星もBeeSat-1と同様に1U CubeSatとして作られた[9]

参考文献[編集]

  1. ^ McDowell, Jonathan. “Satellite Catalog”. Jonathan's Space Page. 2011年1月6日閲覧。
  2. ^ a b BEESAT-1”. TUB (2010年5月25日). 2011年1月6日閲覧。
  3. ^ BeeSat-1 (Berlin Experimental Educational Satellite-1)”. eoPortal Directory. eoPortal. 2011年1月6日閲覧。
  4. ^ a b BEESAT”. AMSAT. 2011年1月6日閲覧。
  5. ^ Wade, Mark. “PSLV CA”. Encyclopedia Astronautica. 2011年1月6日閲覧。
  6. ^ McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2011年1月6日閲覧。
  7. ^ Krebs, Gunter. “BeeSat”. Gunter's Space Page. 2011年1月6日閲覧。
  8. ^ Krebs, Gunter. “Rubin 9”. Gunter's Space Page. 2011年1月6日閲覧。
  9. ^ “Student CubeSats BEESAT-2 and BEESAT-3”. AMSAT-UK. (2013年3月28日). http://amsat-uk.org/2012/03/28/student-cubesats-beesat-2-and-beesat-3/ 2013年4月27日閲覧。 

関連項目[編集]