Backlog

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Backlog
Backlog logo.png
開発元 株式会社ヌーラボ
種別 プロジェクト管理バグトラッキングシステムソフトウェア
公式サイト http://www.backlog.com/
テンプレートを表示

Backlogとは、株式会社ヌーラボが提供するプロジェクト管理ツール。株式会社ヌーラボがASP(クラウド)としてサービス提供しているほか、パッケージ(オンプレミス)版の販売も行われている。

概要[編集]

プロジェクトで発生するタスクや問題、Todoなどの進捗状況をWeb上で一括管理し、調整していくことができる管理ツール。同種のツールとしてはTracJIRABasecampなどが存在する。Backlog独特の機能としては、ユーザアイコンを選択できる機能や絵文字機能があり、楽しく・簡単にプロジェクト管理できることを目指している。ボード(カンバン方式)、ガントチャートバーンダウンチャートWikiSubversion連携、WebDAV連携機能があり統合的なプロジェクト管理ツールとなっている。

エディション[編集]

Backlogには、ASP(クラウド)型とパッケージ(オンプレミス)型の2つのエディションが提供されている。

ASP(クラウド)[編集]

ASP(クラウド)は以下のプランを提供している。フリーは無償で利用可能。

  • フリー
  • スターター
  • スタンダード
  • プレミアム
  • プラチナ

パッケージ(オンプレミス)[編集]

パッケージ(オンプレミス)は、以下のプランを提供している。プロフェッショナルのみ、Subversion(バージョン管理) / ファイル共有 (WebDAV) 機能あり。スタンダード版は2018年4月13日をもって、新規申し込みを停止。

  • スタンダード
  • プロフェッショナル

歴史[編集]

  • 2005年6月、フリープランのみとなるベータ版のサービスを開始した。
  • 2006年7月、商用サービスを開始し、以後ユーザからの要望を参考にしながら、頻繁にバージョンアップを繰り返し課題管理中心のツールからプロジェクトにおける統合管理ツールとして利用できるようになった。
  • 2007年6月、インストール型のパッケージエディションをリリースする。
  • 2007年9月、Subversionリポジトリ作成機能/WebDAVによるファイル共有機能を追加する。
  • 2008年10月、ガントチャート/バーンダウンチャート機能を追加する。
  • 2009年8月、携帯、iPhone対応のモバイル版をリリースする。
  • 2014年11月、Backlogエンタープライズの販売を開始する。
  • 2015年8月、Gitにプルリクエスト機能を追加する。
  • 2016年8月、デザインを大幅にアップデートする。
  • 2017年4月、導入企業数が5,000社を突破する。
  • 2017年11月、有料契約数が6,000、ユーザー数が800,000を突破する。
  • 2018年8月、ガントチャートのマウスによる編集機能、課題のテンプレート設定機能を追加する。
  • 2018年8月、ユーザー数が100万人を突破する。
  • 2020年5月、ユーザー数が170万人、有料契約数が10,000件を突破する。[1]

外部リンク[編集]

  1. ^ https://nulab.com/ja/press-release/2005-pr-backlog-10000-paid-space/