Alpha-gal アレルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Alpha-gal allergy
症候学 Symptoms
継続期間 unknown
原因 bites from certain species of ticks. (Predominantly the Lone Star tick.)
治療 Desensitization

α-galアレルギー(あるふぁ がる あれるぎー、: Alpha-gal alergy)は、哺乳類の肉アレルギー(mammalian meat allergy; MMA)としても知られ[1]、ガラクトース-アルファ-1,3-ガラクトース(galactose-alpha-1,3-galactose, alpha-gal, α-gal)に対する反応であり、それによって体は、炭水化物との接触で免疫グロブリンE(IgE)抗体で過負荷になっている [2]。抗-galは、アルファ-ガラクトシルエピトープ(alpha-galactosyl epitope)と呼ばれる、哺乳類の炭水化物構造galアルファ1-3Galベータ1-4GlcNAc-Rと特異的に相互作用するヒトの天然抗体である。α-gal分子は、類人猿、ヒト、旧世界ザルを除くすべての哺乳類に存在する 。

米国のローンスターマダニ(Am. americanumやオーストラリアのマヒマダニなどの特定のマダニからの咬傷は、この炭水化物(α-gal)を被害者に移す可能性があり、哺乳類の肉製品の消費に対するこの遅延アレルギー反応の開発に関与している[3]。鶏肉(家禽)、、そしてまれに鹿肉などの赤身の肉は反応を引き起こさないため、α-galアレルギーのある人は厳格な菜食主義者になる必要はない [4]

α-galアレルギーは、ヒトがマダニに噛まれる6大陸すべての17か国、特に米国とオーストラリアで報告されている [5]。米国では、中部および南部地域でこのアレルギーが最も頻繁に発生し、マダニの分布に対応している [6]。ダニが最も蔓延している米国南部では、アレルギー率は他の場所よりも32%高くなっている [7]。ただし、医師にはα-galアレルギーの患者数を報告する義務がないため、影響を受けた個人の実際の数は不明 [8] 。α-galはIx. scapularisの唾液にも存在することが示されているが、Am. maculatumには無い [9]

α-galに対する典型的なアレルギー反応は、ほとんどの食物アレルギーで典型的な急速な発症とは対照的に、哺乳類の肉製品の摂取後3〜8時間で発生するという、発症の遅延がある。発症が遅れた後のアレルギー反応は、ほとんどの食物アレルギーと同様であり、特に、重度の全身のかゆみ、じんましん血管浮腫、胃腸の不調、アナフィラキシーの可能性など、IgEを介したアレルギー反応である [10]。症例の70%で、反応は呼吸困難を伴い、喘息患者にとって特に有害である[11]

α-galアレルギーは、アナフィラキシーの遅延の可能性を示した最初の既知の食物アレルギーである [11][12][13]。また、タンパク質ではなく炭水化物に関連する最初の既知の食品関連アレルギーでもある [14]。牛乳やゼラチンなど、肉以外でα-galを含む他の哺乳類製品も、アレルギー反応を引き起こす可能性がある [15]

原因[編集]

Amblyomma americanum 、アレルギーのベクター

α-galアレルギーは、一匹のマダニに噛まれた後に発症し、米国では、欧州ヒマシマメダニ(castor bean tick)、麻痺ダニ(paralysis tick )、トウゴマのダニ、麻痺ダニ、オーストラリアではIxodes (Endopalpiger) australiensis [16][5]、日本ではHaemaphysalis longicornis [17]南アフリカでは現在未知だがおそらくAmblyomma hebraeum [18][19]原因とされる。α-galは、類人猿、旧世界ザル、ヒトには自然に存在しないが、他のすべての哺乳類には存在する。マダニが他の哺乳類を噛んだ場合、α-galはマダニの消化管に残る [4]。次にダニはα-galをヒトの皮膚に注入し、免疫系が大量のIgE抗体を放出して外来炭水化物と戦うようにする 。研究者は、ダニ唾液のどの特定の成分が反応を引き起こすのか、まだ解明していない[20]

2012年の予備調査では、米国の西部と北中部で予想外に高い割合のα-galアレルギーが発見された。これは、未知のダニ種がアレルギーを広める可能性があることを示唆している[7]。この研究では、ハワイでα-galアレルギーの症例も発見されました。ハワイでは、アレルギーの原因と特定されたダニは生息していない[20]。人的要因も示唆されたが、具体的な例は明らかになっていない 。

α-galは、抗がん剤のセツキシマブ、および静脈内輸液の代替品であるポリゲリン(GelofusineHaemaccel)に含まれている。ブタの腸に由来する抗凝血剤およびブタの組織に由来する交換用心臓弁にも、α-galが含まれている可能性がある[16]

α-galアレルギーを持つ男性が心臓弁移植を受けた後にアナフィラキシーを起こした例が、少なくとも1例報告されている[16]。一部の研究者は、外科医が異種移植片に使用するブタの組織のα-galが、臓器拒絶に寄与する可能性があることを示唆している [21]

機構[編集]

最近の研究によると、マダニの唾液にはα-galが含まれており[22] 、唾液は血流に注入される。次に、免疫系はこの外来の糖鎖と戦うためにIgE抗体を放出する。この反応の後、同じα-galを持つ哺乳類の肉を将来摂取することで、アレルギー反応を引き起こす。アレルギー反応の症状は、アレルゲン(この場合はα-gal)を攻撃するIgE抗体が多すぎることが原因である[16][23]

診断[編集]

肉に対するアレルギーの伝統的なプリックテストは、偽陰性の結果を出す可能性がある [13][24]。α-gal検査に対する特定のIgEの測定は、特定の赤身肉に対するIgE検査と同様に市販されている [25][10]。セツキシマブを使用した皮膚および好塩基球の活性化試験は、最も感度が高いが、コストが高いため使用が制限される。

予後[編集]

ほとんどの食物アレルギーとは異なり、人によっては、別のダニに噛まれない限り、時間の経過とともにα-galアレルギーが後退することがある。回復には8か月から5年かかる場合がある [16][20][26]

脱感作[編集]

これまでのところ、α-galアレルギーの患者に対して行われた脱感作の成功は2例のみ [27]

歴史[編集]

Ixodes holocyclusは、オーストラリアでα-galアレルギーの原因となる可能性が最も高い、硬い殻をもつダニの一種。

このアレルギーは、2002年にThomas Platts-Millsによって、米国でダニに刺されたことに起因するものとして最初に正式に特定され[28] 、2007年にオーストラリアのSheryl van Nunenによって独立して特定された[29][30][31]

Platts-MillsとScott Comminsは、なぜ一部の人々ががん剤セツキシマブの炭水化物に否定的に反応しているのかを発見しようとしていた [16][32]。彼らは以前、真菌感染症や寄生虫がアレルギーを引き起こす可能性があるとの仮説を立てていた 。Platts-Millsがダニに噛まれてα-galアレルギーを発症したとき、彼のチームはダニの咬傷とアレルギーの間に関連性が存在するという結論に達した [26]。彼らは、哺乳類のオリゴ糖エピトープであるα-galに対するIgE抗体反応が、セツキシマブの静脈内投与後の即時発症アナフィラキシーと、牛肉または豚肉のような哺乳類食品の摂取後3〜6時間の遅延発症アナフィラキシーの両方に関連していることを発見した [33]

アレルギーを専門とする免疫学者のVan Nunenは、シドニーのダニが発生しやすい地域で臨床研究をしていた時、25人の患者がダニに噛まれた後に赤身の肉にアレルギー反応を示したと報告した[34][35]。彼女は後に、症例数の比較的突然の増加は、2003年に始まった地元のキツネの餌付けプログラムの結果であると結論付けた。キツネはオーストラリアにもたらされ、地元の先住種であるバンディクート(bandicoot、オニネズミ) 個体数を減らしたため、キツネの餌付けプログラムが行われた。しかし、バンディクートがマダニの主要な宿主であることから、その後のバンディクートの個体数増加の予期せぬ影響は、マダニに噛まれて苦しむ人間の数が増加したことであった[36]

α-galアレルギーは豚肉猫症候群に似てているため、誤認が発生する可能性がある。豚肉猫症候群は通常、即時のアレルギー反応を誘発するが、真のα-galアレルギーは通常、アレルゲン摂取後3〜8時間の遅延アレルギー反応を特徴とする [37]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Catalyst (ABC-TV program) first aired 8 November 2016
  2. ^ “Delayed anaphylaxis to red meat in patients with IgE specific for galactose alpha-1,3-galactose (alpha-gal)”. Current Allergy and Asthma Reports 13 (1): 72–7. (February 2013). doi:10.1007/s11882-012-0315-y. PMC 3545071. PMID 23054628. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3545071/. 
  3. ^ Alpha-Gal IgE Test - Galactose-alpha-1,3-galactose : Viracor-IBT Laboratories”. 2013年1月9日閲覧。
  4. ^ a b Williams, Louise (2013年12月27日). “Just one bite”. Sydney Morning Herald (Australia): pp. 20. http://www.smh.com.au/nsw/just-one-bite-ticks-and-allergies-on-the-north-shore-20131226-2zxru.html 
  5. ^ a b “A novel Australian tick Ixodes (Endopalpiger) australiensis inducing mammalian meat allergy after tick bite”. Asia Pacific Allergy 8 (3): e31. (July 2018). doi:10.5415/apallergy.2018.8.e31. PMC 6073180. PMID 30079309. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6073180/. 
  6. ^ Meat Allergy: Alpha-Gal Reaction From Lone-Star Ticks More Common In Central, Southern U.S. Regions” (2012年11月9日). 2013年1月9日閲覧。
  7. ^ a b Chan, Amanda L. (2012年11月9日). “Where Meat Allergy From Ticks Is Most Common”. Healthy Living 
  8. ^ Frazier, Andrea (2014年3月20日). “Tick bite makes Lusby woman allergic to meat”. The Washington Post: pp. METRO; T20. オリジナルの2018年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180702175949/https://www.highbeam.com/doc/1P2-35827105.html 
  9. ^ Crispell, Gary; Commins, Scott P.; Archer-Hartman, Stephanie A.; Choudhary, Shailesh; Dharmarajan, Guha; Azadi, Parastoo; Karim, Shahid (2019). “Discovery of Alpha-Gal-Containing Antigens in North American Tick Species Believed to Induce Red Meat Allergy” (English). Frontiers in Immunology 10. doi:10.3389/fimmu.2019.01056. ISSN 1664-3224. https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2019.01056/full. 
  10. ^ a b “Viracor-IBT Laboratories Launches the First Assay to Identify a New Type of Delayed, IgE-based Allergic Reaction to Certain Meats” (プレスリリース), Viracor-IBT Laboratories, (2010年9月13日), http://www.prweb.com/releases/viracoribt/alpha-gal/prweb4486414.htm 2016年10月17日閲覧。 
  11. ^ a b “A peculiar cause of anaphylaxis: no more steak? The journey to discovery of a newly recognized allergy to galactose-alpha-1,3-galactose found in mammalian meat”. Journal of General Internal Medicine 28 (2): 322–5. (February 2013). doi:10.1007/s11606-012-2144-z. PMC 3614139. PMID 22815061. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3614139/. 
  12. ^ Alvarez (2012年7月25日). “Tick bite leads to curious meat allergy”. Milwaukee Journal Sentinel. 2014年3月24日閲覧。
  13. ^ a b 'Alpha-Gal' Syndrome”. Cornell Cooperative Extension in Suffolk County. Cornell University. 2020年10月13日閲覧。
  14. ^ Smith, Olivia (2012年6月20日). “Ticks causing mysterious meat allergy”. CNN. http://www.cnn.com/2012/06/20/health/meat-tick-bite-allergy/ 
  15. ^ Ingestion of mammalian meat and alpha-gal allergy: Clinical relevance in primary care”. 2020年7月2日閲覧。 “Mammalian meat and milk (cow and goat) contain alpha-gal.”
  16. ^ a b c d e f Zaraska, Marta (2013年12月3日). “Want hives with that burger?”. The Washington Post: pp. HEALTH; E01. https://www.washingtonpost.com/national/health-science/if-youre-allergic-to-meat-antibiotics-and-other-additives-may-not-be-the-reason/2013/12/02/201ff316-4889-11e3-bf0c-cebf37c6f484_story.html 
  17. ^ Cabezas-Cruz, Alejandro; Hodžić, Adnan; Román-Carrasco, Patricia; Mateos-Hernández, Lourdes; Duscher, Georg Gerhard; Sinha, Deepak Kumar; Hemmer, Wolfgang; Swoboda, Ines et al. (2019-05-31). “Environmental and Molecular Drivers of the α-Gal Syndrome”. Frontiers in Immunology 10: 1210. doi:10.3389/fimmu.2019.01210. ISSN 1664-3224. PMC 6554561. PMID 31214181. https://www.frontiersin.org/article/10.3389/fimmu.2019.01210/full. 
  18. ^ Facey-Thomas (2018年1月8日). “Alpha-Gal”. Allergy Foundation South Africa. 2020年10月13日閲覧。
  19. ^ Mabelane (2018). “Predictive values of alpha-gal IgE levels and alpha-gal IgE:total IgE ratio and oral food challenge proven meat allergy in a population with a high prevalence of reported red meat allergy.”. Pediatric Allergy Immunology 29 (8): 841–849. doi:10.1111/pai.12969. PMID 30144162. 
  20. ^ a b c Kroen, Gretchen Cuda (November 16, 2012), Ticked Off About a Growing Allergy to Meat, ScienceNOW, http://news.sciencemag.org/2012/11/ticked-about-growing-allergy-meat 2014年3月24日閲覧。 
  21. ^ “The xeno-solution: perils and promise of transplanting animal organs into people”. Science News 148 (19): 298–301. (November 1995). doi:10.2307/4018063. JSTOR 4018063. PMID 11653203. 
  22. ^ Crispell, Gary; Commins, Scott P.; Archer-Hartman, Stephanie A.; Choudhary, Shailesh; Dharmarajan, Guha; Azadi, Parastoo; Karim, Shahid (17 May 2019). “Discovery of Alpha-Gal-Containing Antigens in North American Tick Species Believed to Induce Red Meat Allergy”. Frontiers in Immunology 10: 1056. doi:10.3389/fimmu.2019.01056. PMC 6533943. PMID 31156631. https://aquila.usm.edu/fac_pubs/16259. 
  23. ^ Hundreds on East End get meat allergy from Lone Star tick's bite”. Newsday (2017年7月30日). 2017年8月1日閲覧。
  24. ^ “P112 Correlation between clinical findings and laboratory tests for alpha gal sensitivity”. Annals of Allergy, Asthma & Immunology 119 (5): S37. (November 2017). doi:10.1016/j.anai.2017.08.136. 
  25. ^ “Food allergy to the carbohydrate galactose-alpha-1,3-galactose (alpha-gal): four case reports and a review”. European Journal of Dermatology 27 (1): 3–9. (February 2017). doi:10.1684/ejd.2016.2908. PMID 27873733. 
  26. ^ a b Goetz, Gretchen (2012年6月26日). “Red Meat Allergy Likely Cause by Tick Bites”. Food Safety News. http://www.foodsafetynews.com/2012/06/red-meat-allergy-likely-caused-by-tick-bites 
  27. ^ “Successful beef desensitization in 2 adult patients with a delayed-type reaction to red meat” (English). The Journal of Allergy and Clinical Immunology. In Practice 5 (2): 502–503. (2017). doi:10.1016/j.jaip.2016.12.008. PMID 28132797. 
  28. ^ NIAID Scientists Link Cases of Unexplained Anaphylaxis to Red Meat Allergy”. National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID), National Institutes of Health. U.S. Department of Health and Human Services (2017年11月28日). 2020年10月13日閲覧。
  29. ^ Velasquez-Manoff, Moises (2018年7月24日). “What the Mystery of the Tick-Borne Meat Allergy Could Reveal” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/07/24/magazine/what-the-mystery-of-the-tick-borne-meat-allergy-could-reveal.html 2019年3月8日閲覧。 
  30. ^ McKenna, Maryn (2018年12月11日). “What is behind the spread of a mysterious allergy to meat?” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/news/2018/dec/11/mysterious-allergy-to-meat-alpha-gal-lone-star-tick 2019年3月8日閲覧。 
  31. ^ Mammalian meat allergy: People on the northern beaches becoming allergic to red meat after tick bites”. www.news.com.au (2016年6月13日). 2019年3月8日閲覧。
  32. ^ “Anaphylaxis syndromes related to a new mammalian cross-reactive carbohydrate determinant”. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 124 (4): 652–7. (October 2009). doi:10.1016/j.jaci.2009.08.026. PMC 2774206. PMID 19815111. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2774206/. 
  33. ^ “Drug allergens and food--the cetuximab and galactose-α-1,3-galactose story”. Annals of Allergy, Asthma & Immunology 112 (2): 97–101. (February 2014). doi:10.1016/j.anai.2013.11.014. PMC 3964477. PMID 24468247. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3964477/. 
  34. ^ McMahon (2019年1月18日). “How tick bites can make some people allergic to meat and milk” (英語). ABC News. 2019年3月8日閲覧。
  35. ^ Mammalian meat allergy: a tick-ing time bomb?”. Australian Veterinary Association. 2019年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月8日閲覧。
  36. ^ MJA Podcasts 2018 Episode 27: Tick-induced allergies, with A/Prof Sheryl van Nunen” (英語). www.mja.com.au. 2019年3月8日閲覧。
  37. ^ Zaraska, Marta (2013年12月3日). “Cat owners can also develop meat allergy”. The Washington Post: pp. HEALTH; E05. オリジナルの2018年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180625185855/https://www.highbeam.com/doc/1P2-35436249.html 

参考文献[編集]