Alert Standard Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Alert Standard Format(ASF)は、コンピュータにおいてOSが動作していない環境の遠隔制御と警報インターフェイスを定義する仕様のことである。

ネットワークプロトコル(RMCP等)、Firmwareインターフェイス(ACPISMBIOSSMBus Serial EEPROM)、メッセージ形式等から構成されており、OSの動作とは関係なく、パソコンやサーバの起動・停止・強制再起動を制御したり、パソコンサーバの構成部品の異常を検知することができる。

インテルIBMが、1997年に共同開発したAlert on LAN(AoL)が原型とされ、標準化団体であるDMTFにより2001年にASF1.03、2003年にASF2.0がリリースされた。

デル、IBM、インテル、富士通等の機器で全部または一部が採用されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]