Distributed Management Task Force

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DMTF
DMTF logo.png
略称 DMTF
設立 1992年
種類 標準開発団体
目的 管理標準の開発と企業環境およびインターネット環境の相互運用性の促進
会員数
ブロードコム, シスコシステムズ, デル テクノロジーズ, ヒューレット・パッカード・エンタープライズ, 日立製作所, HP Inc., インテル, レノボ, ネットアップ, ソフトウェア・エー・ジー, Vertiv, VMware, ほか約40社
ウェブサイト www.dmtf.org/jp
テンプレートを表示

概要[編集]

Distributed Management Task Force(ディストリビューテッド・マネジメント・タスク・フォース、略称: DMTF)は、米国内国歳入法501(c)(6)に基づく非営利の業界標準化団体であり、新たなものから従来のものまで、多様なITインフラストラクチャー(クラウド、仮想化、ネットワーク、サーバー、ストレージなど)の管理を容易にするためのオープン・スタンダードを策定している。相互運用可能なIT管理の向上を目的として、メンバー企業およびアライアンス・パートナーが共同で標準の策定に取り組んでいる。

DMTFは米国オレゴン州ポートランドを本拠地とし、テクノロジー企業を代表するブロードコム、シスコシステムズ、デル テクノロジーズ、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、日立製作所、HP Inc.、インテル、レノボ、ネットアップ、ソフトウェア・エー・ジー、Vertiv、およびVMwareをメンバーとする理事会が主導している。

歴史[編集]

1992年にDesktop Management Task Forceの名称で設立された。策定された最初の標準は、今では廃止されたDesktop Management Interface(DMI)だった。その後、この団体は進化し、Common Information Model(CIM)などの標準の追加を通じて分散管理に取り組むようになり、1999年に名称がDistributed Management Task Forceに変更されたが、今ではDMTFとして知られている。

DMTFは、コンバージド、ハイブリッドITやSoftware Defined Data Center(SDDC)に対する取り組みを続け、最近では、Redfish、SMBIOS、PMCIといった各種標準の仕様を発表している。

DMTFが策定した標準[編集]

DMTFが策定した標準には次のようなものがある。

  • CADF - Cloud Auditing Data Federation(クラウド監査データ・フェデレーション)
  • CIMI英語版 - Cloud Infrastructure Management Interface(クラウド・インフラストラクチャー管理インターフェース)
  • CIM - Common Information Model(共通情報モデル)
  • DASH英語版 - Desktop and Mobile Architecture for System Hardware(システム・ハードウェア向けデスクトップ・モバイル・アーキテクチャー)
  • MCTP英語版 - Management Component Transport Protocol(管理コンポーネント・トランスポート・プロトコル)。NVMe-MI™、I2C/SMBus、およびPCIe®のバインディングを含む
  • NCSI英語版 - Network Controller Sideband Interface(ネットワーク・コントローラー・サイドバンド・インターフェース)
  • OVF - Open Virtualization Format(オープン仮想化フォーマット)
  • PLDM - Platform Level Data Model(プラットフォーム・レベル・データ・モデル)。ファームウェア更新、Redfishデバイス・イネーブルメント(RDE)を含む
  • Redfish英語版 - プロトコル、スキーマ、ホスト・インターフェース、プロファイルを含む
  • SMASH英語版 - Systems Management Architecture for Server Hardware(サーバー・ハードウェア向けシステム管理アーキテクチャー)
  • SMBIOS - System Management BIOS(システム管理バイオス)

参考資料[編集]

外部リンク[編集]

内部リンク[編集]