Acme

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Acme
Acmeのスクリーンショット
Acmeのスクリーンショット
開発元 ロブ・パイク
種別 テキストエディタ
ライセンス LPL
公式サイト Acme
テンプレートを表示

AcmePlan 9 from Bell Labs オペレーティングシステム (OS) のテキストエディタでありグラフィカルなシェルロブ・パイクが設計・実装した。samのコマンド言語を利用できる。インタフェース設計はOberonの影響を受けている。9Pサーバとして動作する点が他のエディタ環境とは異なる。特筆すべきユーザインタフェース上の特徴として mouse chording がある(マウスの複数のボタンを同時に押すなどして、様々なコマンドを実行させる方式)。

概要[編集]

Acme は電子メールクライアントおよびニュースクライアントとしても使え、wikifsのフロントエンドとしても使える。これらの機能はAcmeの持つファイルシステムインタフェースを通して外部コンポーネントを連携させることで可能になっている。

移植[編集]

AcmeはInfernoオペレーティングシステムに移植され、Inferno のデフォルトのディストリビューションの一部となっている。Inferno は他のOS上でアプリケーションとして動作できるよう設計されているため、Inferno 上の Acme は Microsoft WindowsLinux といった各種OS上で利用できる。acme: stand alone complex というプロジェクトでは、AcmeとInfernoを1つにパッケージ化してスタンドアロンのアプリケーションとして動作させようとしている[1]

Unix系OSで動作するAcmeの移植版が Plan 9 from User Space にある。Plan 9 from User Space は Plan 9 の各種プログラムの移植版を集めたものである。このバージョンもLinux上で動作可能であり、いくつかのLinuxディストリビューションに含まれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ acme: stand alone complex”. caerwyn.com. 2009年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]