AN-22 (核爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AN-22
タイプ 核爆弾
開発国 フランスの旗 フランス
配備先 フランス空軍
開発・生産
配備期間 1967年-1988年
生産数 40発
要目
核出力 60-70kt
弾頭 原子爆弾
重量 700kg
テンプレートを表示

AN-22フランスが開発した核爆弾AN-11に次いで開発されたフランスで2番目の核兵器である。プルトニウムのみを用いた原子爆弾であり、核出力は60から70kt。無誘導爆弾であり、航空機から投下される。投下速度減速装置としてパラシュートを有する。重量は計画時に1.4tもあったが、量産時には700kgまで軽量化された。

1967年から部隊配備が開始され、AN-11を更新した。運用機体としてミラージュIV爆撃機が使われた。1988年7月1日までにASMPに更新し、退役している。総生産数は40発。

外部リンク[編集]