続資治通鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Cewbot (会話 | 投稿記録) による 2020年9月6日 (日) 04:34個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Bot作業依頼: 琇琪瑗瑋璟犍濰澍潾澧を含む記事の改名に伴うリンク修正依頼 (李燾 (南宋)) - log)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

続資治通鑑』(ぞくしじづかん)は、畢沅著の編年体の歴史書。著者は畢沅となっているが、当時の著名な学者の銭大昕邵晋涵章学誠洪亮吉黄景仁なども編纂に関わっている。220巻。乾隆25年(1760年)完成。

畢沅は司馬光の『資治通鑑』の続編として、の歴史を通史として編纂することを志した。『続資治通鑑』は徐乾学の『資治通鑑後編』を基礎として、李燾の『続資治通鑑長編』、李心伝の『建炎以来繁年要録』、葉隆礼の『契丹国志』やその他の史料百数十種をもとに、20年かけて編纂し、4回にわたって稿を改めたものである。記述は宋の趙匡胤の即位した960年から、元のトゴン・テムル1368年までの約400年にわたり、宋・遼・金・元の興亡を描いている。220巻の内訳は宋・遼・金について182巻、元については38巻となっている。