細網細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年2月28日 (日) 05:29; SeitenBot (会話 | 投稿記録) による版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

細網細胞(さいもうさいぼう、:Reticular cell)は、細網線維細胞質とともにその繊維周辺の組織を生成し、組織細胞の他のコンポーネントから繊維組織を分離させる。細網細胞は、脾臓リンパ節リンパ小節を含む多くの組織で見られる[1][2]。網状繊維はまた、線維芽細胞によって生産されている。 III型コラーゲンは、(細網線維を構成しているが)また、細網細胞により合成される。細網細胞は、リンパ組織内で特定の部位にBリンパ球Tリンパ球を導く。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.kms.ac.jp/~anatomy2/Histology7.pdf (PDF)
  2. ^ http://www3.kmu.ac.jp/anat1/edu/histology/spec/immun/thymus.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]