展着剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年10月9日 (金) 00:17; 219.112.159.221 (会話) による版 (分かりにくい文の修正)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

展着剤(てんちゃくざい)とは、農薬緑化資材除草剤を散布する際、散布対象への付着を容易にするため、媒介的に用いられる薬剤のこと。農薬の場合、植物や害虫に付着を促すとともに水和剤(水に溶けない農薬を微粒子にしたもの)を水に均一に混じりやすくするために用いられる。

多くの展着剤は、界面活性剤を主成分とする粘稠液体で、ほとんど全ての農薬に混合可能である。展着剤自体は殺虫作用、殺菌作用、殺草作用などを持たない。

一般的に、農薬が乳剤/液剤/フロアブル剤の場合は展着剤は少なめもしくは不要だが、水和剤の場合は水と均一に混じりにくいので展着剤を使う。また、ネギブロッコリーのように水を弾きやすい植物には、展着剤を多めに使うとよい。