周皮細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年2月28日 (日) 05:20; SeitenBot (会話 | 投稿記録) による版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

周皮細胞(しゅうひさいぼう、英 pericyte)は、Rouget細胞とも呼ばれ、中胚葉性の細胞毛細血管壁を取り巻くように存在する。細胞全体は基底膜に包まれる。

脳神経においては、血管周皮細胞(ペリサイト)は神経細胞、脳血管内皮細胞、星状膠細胞(アストロサイト)等と共に神経血管単位(Neurovascular unit、NVU)を成し、血管の成熟・安定化、血液脳関門の維持、虚血時の神経保護・修復等を担っているとされる[1]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]