中国における治外法権の返還に関する中英条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年9月15日 (火) 15:01; Cewbot (会話 | 投稿記録) による版 (Bot作業依頼: 繡蔣を含む記事の改名に伴うリンク修正依頼 (蔣介石政権) - log)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

中国における治外法権の返還に関する中英条約[1]は、1943年1月11日重慶市中華民国蔣介石政権)とイギリスの間で締結された2国間条約である。この条約でイギリスは中国における治外法権を返還した。また、この条約は第二次世界大戦で中国政府の連合国への協力をより強力にするための和解のステップとして締結された。同じ日に中国と米国の間の同様の条約が締結された。

批准書は1943年5月30日に重慶市で交換され、同日この条約は発効した。この条約は1944年9月30日に国際連盟条約集英語版に登録された[2]

出典[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月19日閲覧。 Treaty for the Relinquishment of Extra-Territorial Rights in China
  2. ^ League of Nations Treaty Series, vol. 205, pp. 70-107.