スカラー (物理学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年2月23日 (火) 01:34; Wonkakaka (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

物理学ではスカラー: scalar)とは、大きさのみを持つの事をいう。大きさと向きを持つベクトルに対比する概念である。ハミルトンは、「1つのスケール上に含まれるマイナス無限大からプラス無限大までの、すべての数値」と表現した[1]

例えば物体空間内を運動するときの速度が大きさと方向を含むベクトルであるのに対し、その絶対値(大きさ)である速さは方向を持たないスカラーである。他にも質量長さエネルギー電荷温度などはスカラー量である。一方でベクトル量の代表的なものは電界運動量などである。

より狭義にはスカラーは座標系に依存しないことが要求される。

脚注[編集]

  1. ^ ダニエル・フライシュ、河辺哲次訳 『物理のためのベクトルとテンソル』 岩波書店、2013年、4頁。ISBN 978-4-00-005965-7 

関連項目[編集]