ゴルディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Taisai429 (会話 | 投稿記録) による 2019年9月25日 (水) 09:15個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (出典の明記)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴルディオンの遺跡

ゴルディオン(Gordion)は、古代アナトリアで栄えたフリギア王国(フリュギア王国)の都である。ラテン語表記に従って、ゴルディウムとも表記される。現在のトルコの首都アンカラより南西へ70kmあたりに位置している。

ヒッタイトの時代より小アジアの内陸部へ向かう際の交通の要衝であり、その後この地に進出したフリギア人の王国において都となった。アケメネス朝ペルシアの時代には、メソポタミアのスサから小アジアのサルデスへと通じる「王の道」がこの都市を通過した。東方遠征を行ったアレクサンドロスもこの都市に立ち寄り、いわゆる「ゴルディオンの結び目」の伝説を残した。

外部リンク