2010年フィリピン香港人拉致事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2010年フィリピン香港人拉致事件
2010 Manila hostage crisis bus.JPG
拉致された観光バス
場所 フィリピンの旗 フィリピンマニラRizal Park
座標 北緯14度34分52秒 東経120度58分30秒 / 北緯14.58104度 東経120.974922度 / 14.58104; 120.974922座標: 北緯14度34分52秒 東経120度58分30秒 / 北緯14.58104度 東経120.974922度 / 14.58104; 120.974922
日付 2010年8月23日
午前10時頃から翌日午後9時半 (UTC+8)
標的 原警察長官復職要求
攻撃手段 拉致事件
武器 M16とナイフ[1]
死亡者 人質8人と犯人1人(計9人)[2]
負傷者 人質7人とその他2人(計9人)
他の被害者 康泰旅行社の観光グループ(編號PMK04-100820)
犯人 ロランド・メンドーサ(Rolando Mendoza)
対処 フィリピン政府警備隊による応戦

2010年フィリピン香港人拉致事件(にせんじゅうねんフィリピンホンコンじんらっちじけん)は、2010年8月23日フィリピンマニラ市で発生したフィリピン元警察官による香港人25人の人質拉致事件である。

事件の経過[編集]

  • 10時30分頃 - 元警察官のロランド・メンドーサが市内観光をしていた香港からの旅行客が乗ったバスに、旅行客を装い乗り込もうとした事から始まった。これをツアーガイドに断られたところ、メンドーサは所持していた小銃を構え、観光バスごと乗員を強引に拉致した。
この時点で、現地ツアーガイドコンダクター運転手及び、旅行客併せて合計23名が人質となった。その時に添乗していたツアーコンダクターが騒乱に紛れる形でEメールでの一報を射れた。この一報で観光バス所属の会社が香港旅遊業議会旅遊注冊署香港保安局、在香港フィリピン総領事館、在フィリピン中国大使館に救援を求めることとなる[3][4]
  • 11時頃 - 解放された人質のうち最も早く放されたのは、66歳の老婦人と現地ガイドだったが、現地カメラマン2人が代わりに人質となりバスに乗り込む事となった。続いて午後12時30分頃には女性1人と子供3人が続いて解放された。解放された女性は、実の娘2人以外に、別の男の子1人も自分の息子だと偽り下車した。
  • 14時15分 - メンドーサはバスのガラスで「big deal will start after 3PM today」(本日午後3時、大事件を起こした)、「big mistake to correct a big wrong decision」(大間違いだらけでどうしようもない内容の決め付けを是正する)のメモを掲示した。この時、メンドーサの弟が現場で交渉することになった。
  • 18時頃 - フィリピン政府が事件犯人のメンドーサへ拒否通知の手紙を送り、これを読んだメンドーサは怒りを見せた。
  • 19時09分 - メンドーサの家族が捕まった情報が入り、それを知ったメンドーサは更に怒り狂った。
  • 19時23分 - 2名の人質が殺害された。
  • 19時38分 - 銃撃戦へ展開。少なくとも23回の銃声が聞こえていたとのこと。これにより犯人は立て続けに人質を殺害している。
  • 20時42分 - メンドーサ射殺。
  • 翌日 - 被害者8人死亡確認。

なお、この出来事において、犯人のメンドーサが当該事件を起こした動機の詳細は明らかにされていない。


脚注[編集]

  1. ^ 無綫電視新聞 2010-08-23 [1]
  2. ^ 菲律賓馬尼拉香港旅行團死傷團員名單,香港政府新聞處新聞公報
  3. ^ 菲律賓搶手劫持 港導遊電話偷報
  4. ^ 菲律宾劫持事件现感人一幕 丈夫用身体挡子弹救妻