1.5番町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1.5番町(いってんごばんちょう)とは、仙台市都心部において、東一番丁(中心部商店街一番町)と東二番丁通国道4号)との間を並走して南北に通じる細道の俗称。旧町名や地域名が異なる複数の市道で構成されるため、この俗称がある。

一覧[編集]

全て宮城県仙台市青葉区内にある同市の市道である。北から記載。

境界 仙台市道 旧町名 通称 地域名
番号 路線名
仙台三越
1267 区画街路南15号線 (不明) 三越通 東一市場
広瀬通
1233 大町五丁目新丁線 大町五丁目新丁 電力ビル裏)
中央通(旧大町
1234 南光院丁線 南光院丁 大日横丁
南町通
1305 教楽院丁線 教楽院丁
柳町通

三越通[編集]

大町五丁目新丁[編集]

南光院丁[編集]

教楽院丁[編集]

外部リンク[編集]