龍飛雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

龍 飛雲(りゅう ひうん、昭和30年(1955年4月2日 - 平成19年(2007年2月14日、本名 藤田徳明)は栃木県出身の武道家。精龍會中國拳法道場の老師

氣功蛇拳秘宗拳酔八仙拳楊式太極拳武具など多彩な分野で講師を務めた。モットーは「実戦で使えない拳法は意味がない」。

また、執筆活動、テレビ雑誌の出演、拳法教材ビデオDVDの発売など、幅広い活動を行っていた。

2007年2月14日腎臓病の悪化により51歳で死去。

経歴[編集]

人物[編集]

  • 実際に当てて行なう試合(闘龍比賽)を長期間開催し、各種格闘技の選手が参加した。
  • 実戦を想定した練習方法として、人が歩いている街中を模した場所や暗闇の中を想定した目隠しでの組手を最初に考案した。

主なTV出演[編集]