黙示録のラッパ吹き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バンベルクの黙示録に描かれたラッパ吹きたち

黙示録のラッパ吹き(もくしろくのラッパふき)は、 『ヨハネの黙示録』に記される、ラッパを与えられた神の御遣い(小)。 小羊(最も小さな者)が解く七つの封印の内、最後の七つ目の封印が解かれた時に現れるという。

第一のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』血の混じった雹と火が地上に降り注ぎ、地上の三分の一と木々の三分の一と、すべての青草が焼けてしまう。

第二のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』巨大な山のような火の固まりが海の中に落ち、海の三分の一が血に変わり、海の生き物の三分の一が死に、すべての船の三分の一が壊される

第三のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』苦よもぎ”という名の巨大な彗星がすべての川の三分の一とその水源の上に落ち、水の三分の一が苦くなって多くの人が死ぬ

第四のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』太陽の三分の一、月の三分の一、空の星の三分の一が壊れ、その分だけ昼も夜も暗くなってしまう

第五のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』1つの星が地上に落ちてきて、底なしの淵まで通じる穴を開け、アバドンを呼び出す。額に神の印のない人達を襲い、さそりにさされる時のような苦痛を五カ月間与える。

第六のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』四人の御使が解き放たれる。彼らは二億人の騎兵隊を引き連れて、その馬の口から出る火と煙と硫黄で人間の三分の一が殺させた。

第七のラッパ吹き[編集]

『ヨハネの黙示録』世界に最終的な終末が訪れる。この終末において、悪魔は神との戦いに敗れ、神に選ばれなかったすべての人々が死ぬことになる

関連項目[編集]