黒線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
妊婦に生じた黒線。

黒線(こくせん、Linea nigra)は[1]、一般にに出現する色素沈着である[2]。英語圏での Linea nigra はラテン語で黒い線を意味し、よく英語圏で pregnancy line (日本語の妊娠線は他を指す)とも呼ばれる。 腹部の正中線(せいちゅうせん、midline of the abdomen[3])と呼ばれることもある。茶色い線の幅は約1センチ。恥骨からへそまでの正中部に縦に現れるが、腹の上部まで到達することもある。[4]

妊婦では、黒線は胎盤が産生するメラニン細胞刺激ホルモン英語版が増加することに関連する[5]、これは肝斑や黒い乳首の原因ともなり、インドでの調査では、妊婦650人中80%に黒線が生じた[6]。色白の女性では、暗く色素沈着している女性よりもこの現象が起こりにくい[7]。通常は分娩後に全身的に皮膚は明るく戻ってくる[3]。症例報告では分娩から3か月後に確認したところ黒線は消失していた[8]

多様な年齢のナイジェリア人男女1550人では、黒線は15歳までの約31%、16-30歳までの約47%に黒線があり、11-15歳で男女比が同じであることを除き、女性の比率の方が多く、特に30歳以上の女性で多い[9]。男性では前立腺肥大(良性)と前立腺癌(悪性)では、そうでない人より黒線が生じることが多い[10]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ R.M.ゴールデンソン、K.N.アンダーソン、『現代セクソロジー辞典』早田輝洋訳、大修館書店、1994年。ISBN 4-469-01232-7
  2. ^ Okeke, Linus Ikechukwu; George, Adekunle Olufemi; Ogunbiyi, Adebola Olufunmilayo; Wachtel, Mitchelle (November 2012). “Prevalence of linea nigra in patients with benign prostatic hyperplasia and prostate carcinoma” (英語). International Journal of Dermatology 51: 41–43. doi:10.1111/j.1365-4632.2012.05564.x. PMID 23210957. 
  3. ^ a b Kar S, Krishnan A, Shivkumar PV. (2012-6). “Pregnancy and skin”. Journal of obstetrics and gynaecology of India 62 (3): 268–275. doi:10.1007/s13224-012-0179-z. PMC: 3444563. PMID 23730028. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3444563/. 
  4. ^ She Knows Network: "What's that line? All about linea nigra" Archived 2008-02-20 at the Wayback Machine.
  5. ^ Heffner, Linda (2010). The Reproductive System at a Glance. Wiley-Blackwell. pp. 51. ISBN 978-1-4051-9452-5. 
  6. ^ Hassan I, Bashir S, Taing S (2015). “A clinical study of the skin changes in pregnancy in kashmir valley of north India: a hospital based study”. Indian journal of dermatology 60 (1): 28–32. doi:10.4103/0019-5154.147782. PMC: 4318058. PMID 25657393. https://doi.org/10.4103/0019-5154.147782. 
  7. ^ Linea nigra and pregnancy”. Pregmed (2014年11月15日). 2015年2月22日閲覧。
  8. ^ Fernandez-Flores A, Barja JM, Vilas-Sueiro A, Alija A. (2018-4). “Histopathological findings in pregnancy associated cutaneous hyperpigmentation”. Journal of cutaneous pathology 45 (4): 286–289. doi:10.1111/cup.13108. PMID 29345316. 
  9. ^ George AO, Shittu OB, Enwerem E et al (2005-5). “The incidence of lower mid-trunk hyperpigmentation (linea nigra) is affected by sex hormone levels”. Journal of the National Medical Association 97 (5): 685–688. PMC: 2569341. PMID 15926645. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2569341/. 
  10. ^ Okeke LI, George AO, Ogunbiyi AO, Wachtel M (2012-11). “Prevalence of Linea nigra in patients with benign prostatic hyperplasia and prostate carcinoma”. International journal of dermatology 51 Suppl 1: 41–43. doi:10.1111/j.1365-4632.2012.05564.x. PMID 23210957.