麗人 (1930年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麗人
監督 島津保次郎
脚本 村上徳三郎
原作 佐藤紅緑
出演者 栗島すみ子
主題歌 河原喜久恵『麗人の唄』
撮影 桑原昴
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1930年4月26日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

麗人』(れいじん)は、1930年(昭和5年)公開の島津保次郎監督の日本映画現代劇サイレント映画。原作は佐藤紅緑の同名の小説。1946年(昭和21年)、渡辺邦男監督による同名の映画『麗人』とは一切関係ない。

概要[編集]

女学生の鞘子(栗島)は、知人の男子学生・浅野(奈良)から乱暴を受けて妊娠してしまう。一度は人生に絶望した鞘子だが、浅野への復讐を胸に、人知れず産み落とした息子(高峰)を故郷の兄・七郎(岩田)に託して、ひとりで生きていく決心をする。 鞘子の復讐劇を軸に、女性の人権運動に燃える鞘子の女学校時代の同級生の活躍や、村のゴルフ場建設の反対運動に奮闘する七郎の姿、そして実業家として成功した浅野の野望など、壮大なドラマが繰り広げられる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]