鳥居房信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥居 房信(とりい ふさのぶ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

鳥居清信の門人であろうといわれており、作画期は享保の末頃とされる。作は少なく細判の漆絵「二代目市川団十郎の暫」が知られる。

参考文献[編集]