うっ滞性皮膚炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鬱滞性皮膚炎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

うっ滞性皮膚炎(鬱滞性皮膚炎、うったいせいひふえん)とは、静脈の循環不全に起因する慢性の皮膚疾患である。

頻度[編集]

比較的よくみられる。大部分は中高年で、男女差は女性に比較的多い。

原因[編集]

妊娠、長時間の立ち仕事などによる下肢の慢性的な血流の鬱滞。下肢静脈瘤血栓性静脈炎と合併して起こることが多い。動静脈瘻、先天性静脈拡張症などの先天性疾患でも起こるが、この場合、年少時より生じる。

症状[編集]

下肢に浮腫があり、下腿の下1/3に出現する。浮腫に続き、褐色色素斑・点状出血・紫斑が出現する。そして痒みも誘発し掻いて湿疹を併発する。

治療[編集]

外用剤としてステロイドが使われる。抗アレルギー薬なども痒みに応じて使用する。

生活上の注意[編集]

長時間の立ち仕事は避けるべきである。

関連項目[編集]