高橋怜奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 怜奈
生誕高橋 怜奈
(1984-10-09) 1984年10月9日(36歳)
東京都大田区
国籍日本の旗 日本
教育東邦大学
医学関連経歴
職業 医師プロボクサー
所属 東邦大学医療センター大橋病院
専門 産婦人科
高橋 怜奈
基本情報
本名 髙橋 怜奈
(たかはし れな)
通称 女医ボクサー
階級 ミニマム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-10-09) 1984年10月9日(36歳)
出身地 東京都大田区
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 6
勝ち 2
KO勝ち 1
敗け 4
テンプレートを表示

髙橋 怜奈(たかはし れな、1984年10月9日 - )は、日本医師プロボクサーである。医師としては東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍、ボクサーとしてはワタナベボクシングジム所属。東京都大田区出身。東邦大学医学部卒業。世界初の女医ボクサー[1][2]。女医+にも所属しメディア出演もしている。普連土学園中学校・高等学校[3]時代の同級生に近藤麻理恵(片づけコンサルタント)がいる[4]

来歴[編集]

医師として[編集]

両親が医者の家庭に生まれ、物心ついたころから医師を目指し東邦大学に進み、卒業後は国立国際医療研究センター国府台病院を経て現在は東邦大学医療センター大橋病院に在籍[1]

プロボクサーとして[編集]

30歳を過ぎ、内山高志の試合を観たことがきっかけで「人生にもう一度挑戦してみたい」という思いから内山の所属だったワタナベジムでボクシングを始め、2016年6月プロテスト合格。

2017年12月4日、後楽園ホールにて細田めぐみ戦でプロボクサーデビューも判定負け[5]

2018年5月28日、伊藤悠子と2戦目も判定負け。

11月20日、ワッチャリン・コッドアムを2回TKOで初勝利。

2019年3月13日、金子晴子と対戦も判定負け。

9月12日、Ploypailin Palatsrichuaiに判定で2勝目。

2020年10月22日、吉川梨優那と対戦も、2回TKO負け[6]

その他[編集]

サマースタイルアワード2017東京大会でファイナリストに選ばれ全国大会に進出した[7]

戦績[編集]

  • 6戦2勝1KO4敗

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]