高橋尚孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高橋 尚孝(たかはし ひさたか、1914年大正3年) - 1993年平成5年))は、日本昆虫学者徳島県徳島市出身。田宮尋常小学校(現徳島市立千松小学校)、旧制撫養中学(現徳島県立鳴門高等学校)、東京農業大学卒業。

生涯[編集]

徳島県加茂村矢三に4男として生まれる。鳴門市の親族の家の養子となり、1933年昭和8年)に旧制撫養中学(現徳島県立鳴門高等学校)を卒業。同級生に植物研究家・高知女子大学元教授の赤沢時之がいる。

昆虫館系雑誌「昆蟲界」に、「吉野川下流地方の昆虫相(1)~(完)」(1933年-1937年)を報告し、徳島県内の昆虫約700種を記録・報告した。

1937年昭和12年)に東京農業大学を卒業。太平洋戦争後、学校教員となり、徳島県立城東高等学校校長を歴任、また徳島県立徳島工業高等学校の校歌を作曲した。その後、数々の研究発表を行い、徳島新聞に紹介されることもあった。1993年平成5年)11月、79歳で逝去。

関連項目[編集]