駿河問い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

駿河問い(するがどい)とは、江戸時代に行われていた拷問の一種である。駿河問状(するがもんじょう)とも。

概要[編集]

後ろに廻した両手首と両足首を纏めて吊り上げ、背中にを載せて縄を捻って回転させるもの。元は江戸時代駿府町奉行彦坂光正が考案したとされる拷問

関連項目[編集]

外部リンク[編集]