飯盛石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯盛石(いいもりせき、 Iimoriite-(Y))は、1967年にIMA (国際鉱物学連合) から新鉱物として承認を受け[1]1970年に発表された新鉱物で、国立科学博物館鉱物学者加藤昭筑波大学地球化学者長島弘三により、福島県阿武隈山地のペグマタイト中から発見された[2]化学組成Y2[SiO4][CO3]で、三斜晶系理化学研究所日本の希元素鉱物の研究に多大な貢献をした飯盛里安と、その子飯盛武夫の業績をたたえて命名された。

脚注[編集]

  1. ^ 石川町教育委員会編『放射化学の泰斗 飯盛里安博士』石川町立歴史民俗資料館発行 2017年
  2. ^ Kato, A. and Nagashima, K. (1970): Introduction to Japanese minerals. Geological Survey of Japan, 39, 85-86.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]