飯島彌十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯島 彌十郎(いいじま やじゅうろう、1882年明治15年)4月27日[1] - 没年不明)は、日本の醤油醸造家、政治家・東京府北豊島郡上板橋村[1]、東京府会議員[2][3]地主[2][4]豊島病院管理者[3][5]実業家。浅草土地興行取締役[2]。三東鉱業監査役[2]。前名は賢一[3]

人物[ソースを編集]

先代彌十郎の三男[6]。飯島家は代々醤油醸造に従事し、当主まで3代である[6]。「栗原屋」と称し、醤油醸造業を営んだ[1][3][5]。東京府北豊島郡郡会議員、同郡農会幹事、同郡教育会幹事、上板橋村長、同村会議員、同村青年団団長、同村安養院信徒総代、同村土木衛生学務各委員長、同村消防組頭、同村農会長などをつとめた[1][6]

1930年7月、板橋町長花井源兵衛の後を襲い豊島病院組合の管理者に当選した[6]。住所は上板橋[2]。宗教は真言宗[3][6]。趣味は謡曲将棋[3]囲碁[6]

家族・親族[ソースを編集]

飯島家

板橋区上板橋[3][4]

  • 父・彌十郎[3]
戸長及び第1代村長をつとめた[6]
  • 妻・すず子[6]
  • 二男・壽雄[3](会社員)[7]
1912年 -

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d 『東京府市名誉録』北豊島郡之部(上板橋村)53頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『日本紳士録 第41版』東京イの部49頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『大衆人事録 第12版 東京篇』東京56頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月10日閲覧。
  4. ^ a b 『日本紳士録 第38版』東京イ、ヰの部63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月27日閲覧。
  5. ^ a b 『日本紳士録 第36版』東京イ、ヰの部60頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 『自治団体之沿革 東京府之部』人文記 自治功績録101頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月26日閲覧。
  7. ^ 『日本紳士録 第45版』東京イ、ヰの部45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月27日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

  • 篠田皇民『東京府市名誉録』東京人事調査所、1925年。
  • 篠田皇民『自治団体之沿革 東京府之部』東京都民新聞社、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第38版』交詢社、1934年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 東京篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第41版』交詢社、1937年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第45版』交詢社、1941年。