飯尾隆義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯尾 隆義(いいお たかよし)は、日本の生物物理学者。名古屋大学理学研究科物理学専攻教授。

経歴[編集]

  • 愛知県八開村(現愛西市)の出身。[要出典]
  • 愛知県立津島高等学校を1961年(昭和36年)卒業し[要出典]1961年(昭和36年)、名古屋大学理学部に入学する[1]
    • 1965年(昭和40年)同大学を卒業した。[要出典]
  • 名古屋大学大学院に学び、1970年(昭和45年)3月に博士課程を修了[1][2]日本学術振興会の奨励研究員を経て、名古屋大学K研(生物物理学実験室)のスタッフとなる(職位不明)[1]
  • 1971年3月 名古屋大学理学博士 学位論文は 「Block sequential polypeptides of L-alanine and glycine with D, L-glutamic acid(D,L-グルタミン酸を伴ったL-アラニンとグリシンの規則的ポリペプチド)」。[3]
  • 1986年(昭和61年)同大学助手[要出典]
  • 1987年(昭和62年)同大学助教授[要出典]
  • 2006年(平成18年)3月、名古屋大学を定年退職[1]

研究[編集]

  • カルシウムの受容蛋白質の動力学的研究。
  • 筋収縮の制御機構の研究。
  • カルシウムを介する生体内情報伝達機構の研究。

特許[編集]

  • リガンドまたはレセブターの測定法

所属学会[編集]

  • 日本化学会
  • 日本物理学会
  • 日本生物物理学会

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 飯尾隆義 (2006年3月15日). “名古屋大学での45年” (PDF). 名大トピックス (154): p. 31. http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/topics/pdf/no154.pdf 2011年11月17日閲覧。 
  2. ^ J-GLOBAL 研究者 飯尾隆義”. 科学技術振興機構 (2005年1月27日). 2011年11月17日閲覧。
  3. ^ 学位論文書誌データベース

外部リンク[編集]