飯尾敏成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
飯尾敏成
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
別名 通称:毛介[1]、茂助[2]
戒名 宗春[2]
主君 織田信長
氏族 織田氏流飯尾氏
父母 父:飯尾尚清
兄弟 敏成宗敏(永沼左之助)、横井弥兵衛
長谷川秀一
養姉妹:星合具泰室(飯尾重宗娘)
池田恒興養女(織田信時娘)

飯尾 敏成(いいのお としなり[3])は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。飯尾尚清の長男[2]

織田信長馬廻を務めていたと思われ[3]、天正10年(1582年)の本能寺の変の際、織田信忠と共に二条城で討死した[1][2]

室は敏成の死後、下間頼龍に再嫁した[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 太田牛一 「中将信忠卿、二条にて歴々御生害の事」『信長公記』巻十五。
  2. ^ a b c d 『寛政重修諸家譜』巻第四百八十八”. 近代デジタルライブラリー. 2013年10月28日閲覧。
  3. ^ a b 谷口克広 「飯尾敏成」『織田信長家臣人名辞典』 吉川弘文館、2010年、第2版、43頁。ISBN 9784642014571
  4. ^ 『寛政重修諸家譜』巻第四百八十八”. 近代デジタルライブラリー. 2013年10月28日閲覧。
  5. ^ 『寛政重修諸家譜』巻第二百六十三”. 近代デジタルライブラリー. 2013年10月28日閲覧。