露木為一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

露木 為一(つゆき いいつ、生年不明 - 明治26年〈1893年〉)とは、明治時代の頃の浮世絵師

来歴[編集]

葛飾北斎の門人。姓は久保田(後に露木)、名は孔彰。俗称は常次郎。小石川音羽四丁目に住んだという。作として明治期に北斎とその娘の葛飾応為ことお栄を描いた「北斎仮宅之図」(紙本墨画、国立国会図書館所蔵)が知られており、この図は飯島虚心に贈ったものと伝わる。「北斎仮宅之図」は北斎が83才の時、榛馬場の辺りに40歳頃と思われるお栄と住んでいた時の様子を再現したもので、北斎がこたつ布団を背にかけながら絵を描き、それをお栄が見つめている様子が描かれ、また画面の上部には以下の説明が記されている。

「卍(まんじ、北斎のこと)常に人に語るに、我は枇杷葉湯に反し、九月下旬より四月上旬迄巨燵(こたつ)を放るゝこと無しと。如何なる人と面会なすといへとも放るゝことなし。画(か)くにも又かけ、倦(あ)く時は傍の枕を取りて眠る。覚れば又筆を取、夜着の袖は無益也とて不付候…」

参考文献[編集]

  • 井上和雄編 『浮世絵師伝』 渡辺版画店、1931年 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。48コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年

関連項目[編集]