霰粒腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
霰粒腫
Gradowka.jpg
分類および外部参照情報
ICD-10 H00.1
ICD-9-CM 373.2
DiseasesDB 6009
MedlinePlus 001006
eMedicine emerg/94 oph/243
Patient UK 霰粒腫
MeSH D017043

霰粒腫 (さんりゅうしゅ、Chalazion)とは、眼瞼(がんけん、まぶた)の病気の一種である。

症状など[編集]

まぶたの裏側が腫れ、時には赤くなる。通常、痛みやかゆみはない。美容的に悪くなることがある。

マイボーム腺の出口がつまり、中に分泌物がたまったもので、麦粒腫(ものもらい)と異なり、通常細菌感染を伴わない。霰粒腫に感染を伴ったものを急性霰粒腫と呼ぶ。

治療[編集]

自然治癒には時間がかかったり、手術しないと治らない場合がある。目薬をつける治療法もあるとされるが、病態生理から考えると無効と考えるべきである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]