バッテリーチェッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
電池残量計測器から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

バッテリーチェッカー(ばってりーちぇっかー)とは、残量が不明な電池の残量を、主に電圧により測定し具体的に分かりやすく表示する機器である。主に計測するものは、充電式で無いもの(アルカリ電池、マンガン電池など)である[1]

概要[編集]

バッテリーチェッカーなどと呼ばれており、大きく分けてカーバッテリー用と乾電池用の2つがある。

カーバッテリー用[編集]

2種類の製品が存在する。

乾電池用[編集]

乾電池を抵抗に接続し、電流を流し電池の内部抵抗を計測する。

使用方法[編集]

  1. 電池を適合する所に入れ、電源を入れる。
  2. インジケーターに表示された残量を確認する。

という流れで使用する。 [2]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、充電式でも計れる。
  2. ^ バッテリーチェッカー マルチタイプ(SK-BAT01)”. ELPA 朝日電器株式会社. 2014年10月18日閲覧。

関連項目[編集]

同等の機能を持つもの