電力評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

電力評議会 (Electricity Council) は、イングランドウェールズ電力供給産業を監督するために1957年に設置された政府機関である。理事会の管掌事務は、以下のようなものであった。

  • イングランドとウェールズの電力供給業界関連事項について、エネルギー大臣に助言する
  • 効率性向上のために、イングランドとウェールズにおける電力委員会を支援する
  • イングランドとウェールズにおける電力供給業界の財務について助言する
  • 諸研究を体系化する
  • 業界全体の労使関係の機構を維持する

評議会は、2001年電力評議会(解散)令 (Electricity Council (Dissolution) Order 2001) によって正式に活動を終え、電力協会 (Electricity Association) に置き換わった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]