零式水中聴音機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

零式水中聴音機(0しきすいちゅうちょうおんき)は、大日本帝国海軍が開発した艦艇搭載用の水中聴音機(パッシブ・ソナー)。

概要[編集]

日本海軍は、戦艦航空母艦巡洋艦などの大型艦艇が、自ら潜水艦の攻撃を回避するための水中聴音機として九三式水中聴音機を一部の巡洋艦に装備させていたが[1]、その性能は必ずしも充分ではなかったため、1937年昭和12年)頃より大型艦用の新たな水中聴音機の研究試作が行われた。

開発にあたり、搭載を想定しているような水上大型艦は対潜艦艇などと比較して吃水が深く装備スペースにも余裕があったので、水力雑音の低減や測角精度の向上および捕音器の換装に入渠を必要としないことを狙いとして、艦首タンク内に可動線輪型捕音器30個を直径4mの二重円配列にする事が検討された[2]

これは従来の舷側装備が楕円形に近い配列となり、さらに艦型により配列形状が異なり真の楕円とはならないため測角精度が一様ではない(艦首方向より正横方向の方が精度がよい)という問題があったのに対して、上記の方法は真円に近い配列が可能であるため、指向性のみの観点から考えると全周にわたり一定の測角精度が得られる利点があったためだった[2]

このタンク内装備の思想から研究開発された試作品は、戦艦「比叡」に搭載して実験が行われ、良好な成績が得られたので「零式水中聴音機」として制式化され、主に戦艦や空母等の大型艦艇に装備された。

中でも戦艦「大和」と「武蔵」は、バルバス・バウ内に同機を片舷ずつそれぞれ装備し、常に両舷2組をもって哨戒を行い、対潜見張り用として威力を発揮し、魚雷の航走音を聴知してこれを事前に回避するのに役立ったと言われている[1][2]

しかし、同機は水中見張り用としては有効だったが、対潜警戒用としてはほとんど実用価値がないものとされ、さらに優秀な聴音機が求められた。

零式水中聴音機 主要目
装備艦種  大  艦 

 大型商船 

捕音器配列 捕音器数      30
配列法    二重楕円
配列直径(m)    4(長軸)
指向性(度)      約3
副最大値(%)      約30
装備場所      舷側
捕 音 器   可動線輪
振動板直径(mm)      145
重量(kg)      18
*感度(db)      35
周波数範囲(C/B)    500~2500
*2耐爆距離(m)      35




 遅


 延


 回


 路


 網

制御方式     格子状
     T
素子数      90
全遅延量(μ sec)      2700
L(mH)      20
C(μ)      006
M(mH)
Zo(Ω)      1000
  捕音器刷子縮小率      1/13.6
  均整抵抗(hΩ)      0.5~7
  角度通報器      有り
型式   抵抗結合4段
真空管     6301×1

    606×3

増巾度(db)      100
 沪

 波

 器

遮断周波数(C/S) (HP)全通 500 700

     1200 1500

(LP)全通 700 900

     1500 3000

受聴器数   可動鉄片×4
電源 種別     AC100V
整流器     セレン型
沪波器      有り

接続筐      4
切断器      1



探知性能[編集]

オーストラリア海軍の公開している資料によれば、同機は以下のような性能が得られたとしている。

潜水艦に対する探知能力[3]
自艦速力 潜水艦艦名 潜水艦速力 最大探知距離(推定) 確実探知距離(推定)
停止 伊63 3kt(水中) 8,800 yds 4,400 yd
伊64 4,400 yd 2,200 yd
12kt 不明 不明(水中) 4,400 yd 2,200 yd
16kt 不明 3kt(水中) 5,500 yd 3,300 yd
停止 伊57 12kt 12,700 yd 7,700 yd

※魚雷に対する探知能力は「比叡」の場合16ktで航行している時、最大探知距離:1,1000yd、確実探知距離:6600yd[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 名和武ほか 1969, p. 67.
  2. ^ a b c 海軍水雷史刊行会 1979, pp. 347–350.
  3. ^ a b ANTI-SUBMARINE REPORT AUGUST, 1944”. 2018年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『海軍水雷史』海軍水雷史刊行会、海軍水雷史刊行会、1979年3月。
  • 『海軍電気技術史 第6部』名和武ほか、技術研究本部、1969年10月。