雪ふらばふれふらばふれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

雪ふらばふれ (ゆきふらばふれ) は旧制第一高等学校の最初期の寮歌。狭義の意味での寮歌としては最初の物であるが、広義の意味では同じ一高の「花は櫻木」が先である。正式名称は、寄宿寮寮歌。

基本データ[編集]

  • 成立年: 明治25年 (1892年
  • 作詞者: 落合直文
  • 作曲者: 「月と花とは昔より」の譜。ただしこの譜自体が不明である。翌年別の譜が作られるがこちらも不明。


著作権は失効。

内容[編集]

美文調の歌詞であるが、歌詞の中に一高、あるいは寮を想像させるくだりがわずか一ヶ所しかなく、おそらくあまり歌われなかったろうと推測される。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]