離心率ベクトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天体力学における離心率ベクトル とは、軌道の遠点から近点への向きに平行で、大きさが軌道離心率と等しいベクトルである。ケプラー則に従う軌道では、離心率ベクトルは保存する。離心率ベクトルは、摂動下での真円に近い軌道の解析に有用である。このとき、非ケプラー的な摂動は離心率ベクトルを連続的に変化させる。

表現[編集]

離心率ベクトル は次の式で与えられる: [1]

2つ目の等号は次の恒等式から従う:

ここで、

である。

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Cordani, Bruno (2003). The Kepler Problem. Birkhaeuser. p. 22. ISBN 3-7643-6902-7.