集中力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

集中力(しゅうちゅうりょく)とは一つの事柄に注意を集中して物事に取り組む能力

概要[編集]

学業仕事スポーツなどのあらゆる場面で集中力は重要な要素となっており、集中力の有無が成否を左右するという事が多々ある。集中力を高めるには日々の食事に気を使い十分な栄養を摂取するとともに、百ます計算などのトレーニングを行うことや、運動をすることが効果的であるとされている。

米国では集中力増進を目的としたビデオゲームを用いた療法もある[1]

病気の症状としての集中力低下[編集]

心の病気の症状として集中力が低下するという事がある。うつ病躁うつ病統合失調症不安障害などにかかっている人は病気が原因で物事に集中して取り組めないといった事が起こっている。心の病気とは気付くのが早ければ早いほど予後が良いため日頃から心の病気へのアンテナを張っておくことが望ましい。

環境音楽[編集]

多くの研究は、勉強しながら環境音楽を聞く学生は、不安が少なく、集中力が高く、テストの点数が高いことを示している。環境音楽には、自然音、アコースティックギター、ピアノ、電子音などの心地よい器楽が含まれる。

研究者によると、これらの環境音楽は、突然の中断するようなテンポの変化がなく、安定したリズムを提供するために機能する。これは落ち着いた環境を提供し、思考プロセスを妨げる可能性のある雑念をブロックする。環境音楽はまた、分析的思考と創造性に関与する脳内の領域を活性化し、情報を吸収して保持する脳の能力を高めると考えられている。複雑なタスクに直面したときに、環境音楽は役に立つ[2]

出典[編集]

  1. ^ テレビゲームで集中力増進・米で始まった「逆バリ」療法
  2. ^ Music to your health” (英語). Harvard Health (2021年2月1日). 2021年10月20日閲覧。

関連項目[編集]