銀座白金や

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀座白金やのロゴ

銀座白金や(ぎんざ ぷらちなや)は2013年東京、銀座の歌舞伎座の横に開業した、「不易流行」を掲げ、展開している「白金や一口いなり」の土産販売店である。一口いなりをメイン商品として、お土産や店内での食事が可能。名代焼きいなりや、特製ゆずいなりなどを販売している。

概要[編集]

2013年に銀座、歌舞伎座の真横に開業。「白金や一口いなり」を主体としたお土産屋である。銀座白金やの若、北川一臣は学生時代を海外で7年間過ごし、日本の伝統文化の良さや奥深さを異文化に触れて改めて感じる事となる。帰国後は日本の古き良きものをより多くの人に伝えたい、新しい風を交えながら広げようと”不易流行”を掲げ、発起し、銀座に「銀座白金や」を開業した。

店名の由来[編集]

銀座白金や(ぷらちなや)の名前の由来は、不易流行の意味合い”いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。”に重ねて、その形を変えながら、人々の手を永きに渡り続ける希少金属の白金プラチナ)に掛けて付けられた名前である。店のロゴは若、北川がデザインしたもので、学生時代に日本各地の伝統工芸を学んでいた頃、金沢の地で日本伝統の漆器を学びに行ったときの事、輪島屋善仁[1]にて「漆器の朱は生命、漆黒は宇宙を表している」”諸説有り”と教わる。森羅万象の意味の陰陽マークの色はその教えからきている。また、日本の伝統的な顔の絵柄を模索している際にすぐに頭に浮かんだ物が隈取りだった。店舗ロゴが出来たこの頃、当初の出店予定地は銀座8丁目と、今の場所からは距離がある場所であった。しかし急遽、歌舞伎座の横で物件が有るとの情報が入り、現在の場所に店を構えた。この事を若、北川は、「凄く運命的だと思いました。きっとこのロゴが、ここの場所を呼んでくれたのでしょうね」と語っている。

店鋪の特徴[編集]

銀座白金や外観
銀座白金や店内

以前この場所は割烹料理店の「中ぜん」[2]という店だった。銀座白金やの店内には中ぜんの時代から引き継いだ点が多い、玉砂利の洗い出しや、カウンター、小上がり、招き猫等である。カウンターは1枚板で中ぜんの常連客が50年以上前に寄贈したもので、カウンターの上に鎮座する招き猫の置物は100歳以上の物である。若、北川が店にこのまま残したいと今もそのままの形で残っている。所々に洋風な装飾や、舞妓や芸子の関連品が飾ってある。場所柄、歌舞伎観劇の客が多いらしく、店内での食事メニューは幕間にすぐに食べられる簡易的な物と、観劇前、後の為の華やかな御膳の形式である[3]

歌舞伎座[編集]

2013年4月に新しくなり、周りの通りも開ける形となった。歌舞伎座界隈の店では、以前より役者との交流が盛んであった。喫茶you、銀の塔、アメリカン、木挽町よしのや等の名店が軒を連ねる。幕間や前後の時間を利用してそういった店を回る観劇客も多い。白金やではいなり寿司、食事や、弁当折り詰め、甘味等は全て、歌舞伎座の演目に合わせた物となっている。歌舞伎役者の楽屋への差し入れ様の【お部屋見舞い】という白木の岡持ちがある。

お部屋見舞い[編集]

銀座白金やのお部屋見舞い

お部屋見舞い[4]は京都で舞妓と芸子を経験した女将の考案である。お部屋見舞いとは京都の南座等の劇場での贈答のシステムで、役者間でのねぎらいの場や、御贔屓の客から役者への贈答等に用いられている。南座界隈では広く浸透しており、多くの店がこのお部屋見舞いを取り入れている。銀座白金やでは職人に白木のおか持ちを作らせており、都内の各劇場へ届けている。

若と女将[編集]

[編集]

北川一臣 : 中学、高校をハワイで留学し日本の伝統に興味を持ち始める。休みに日本に戻っては各地に足を運び日本伝統を巡ってた。2012年、北川が20歳の頃に株式会社プラチナスピリットを設立する。その翌年2013年に銀座白金やを開業する。

女将[編集]

北川一臣の母、京都祇園甲部で舞妓を経て芸妓になる。引退後、東京に上京。その後は飲食業や、化粧品開発事業等、幅広い経営をする。

芸能との関係[編集]

テレビでは、有吉弘行[5]やホンジャマカの石塚英彦[6]市川猿之助 (4代目)[7]等が番組で訪れている。

過去催事、掲載暦[編集]

  • 2014/12-テレビ東京 L 4 YOU !
  • 2014/11-宝島社 GLOW[8]
  • 2014/11-ラジオ日本 峰竜太のミネスタ[9]
  • 2014/10-BS-TBS ひとまち紀行
  • 2014/10-日本橋三越 BENTO・SUSHIコレクション
  • 2014/09-フジテレビ ワンダフルライフ
  • 2014/09-銀座三越 銀座の匠特集
  • 2014/08-テレビ朝日 若大将のゆうゆう散歩
  • 2014/05-日本テレビ メレンゲの気持ち
  • 2014/04-銀座を極める2014~15[10]
  • 2013/11-東京カレンダー [行きつけにしたい名店100] [11]
  • 2013/11-フジテレビ ぶらぶらサタデー
  • 2013/10-マガジンハウス Hanako 10月号[12]
  • 2013/09-講談社 おとなの週末 10月号 [13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 輪島屋善仁 輪島屋善仁
  2. ^ 東京のむのむ 中ぜん
  3. ^ platinumya.jp/lunch-dinner 銀座白金やの店内でのお食事
  4. ^ platinumya.jp/delivery 銀座白金やのお部屋見舞い
  5. ^ 気になるグルメ、ぶらぶらサタデーでの撮影
  6. ^ テレビでた蔵、メレンゲの気持ちでの撮影
  7. ^ テレビでた蔵、ワンダフルライフでの撮影
  8. ^ 宝島社GLOW 11月号p148より
  9. ^ 峰竜太のミネスタ、番組ブログ
  10. ^ アスペクトムック銀座を極める2014~15 p68より
  11. ^ 東京カレンダー、東京カレンダー公式サイト
  12. ^ マガジンハウス Hanako 10月号 p39より
  13. ^ 講談社 おとなの週末 10月号10月号 p84,85より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]