鈴木昭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 昭一(すずき しょういち、1927年4月5日 - )は、国文学者。 台湾生まれ。1951年京都大学文学部国文科卒。帝塚山短期大学助教授、教授、97年定年退任、名誉教授、藤村記念館館長。[1] 島崎藤村を研究した。

著書[編集]

  • 『島崎藤村論』桜楓社 1979
  • 『『夜明け前』研究』桜楓社 1987
  • 『『夜明け前』論 史料と翻刻』おうふう 1994
  • 『『夜明け前』探究 史料と翻刻』おうふう 1998
  • 『『夜明け前』『東方の門』研究 史料と翻刻』おうふう 2008

現代語訳[編集]

  • 塵塚物語』教育社新書 原本現代訳 1980
  • 三井高房『町人考見録』教育社新書 原本現代訳 1981

[編集]

  1. ^ 鈴木昭一先生略歴(鈴木昭一先生古希記念特集) 青須我波良 1997