鈴木斌 (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 斌(すずき たけし、1932年10月9日 - 2005年1月4日)は、ウルドゥー語を専門のフィールドにした日本の学者(言語学文学[1]、翻訳家である。

東京府生まれ。1956年東京外国語大学インドパーキスターン語科卒業、1958年東京都立大学 (1949-2011)大学院修士課程修了、1963年東京外国語大学講師、助教授、教授、1996年定年退官、名誉教授。1971年印度学仏教学会賞受賞。

著書[編集]

  • 『基礎ウルドゥー語』大学書林、1981年。
  • 『基礎ウルドゥー語読本』大学書林、1986年。
  • 『ウルドゥー語文法の要点』大学書林、1996年。

共編・編[編集]

  • 『ウルドゥー語基礎会話』編 泰流社、1976年。
  • 『ウルドゥー語会話練習帳』編 大学書林、1978年。
  • 『ウルドゥー語基礎1500語』編 大学書林、1978年[2]
  • 『ウルドゥー語常用6000語』麻田豊共編、大学書林、1979年[2]
  • 『実用ウルドゥー語会話』ムハンマド・ライース・アラヴィー共著、大学書林、1987年。
  • 『日本語ウルドゥー語小辞典』麻田豊共編、大学書林、1992年。

翻訳[編集]

  • アフマド・ナディーム・カースミー『パルメーシャル・スィング カースミー短編集』編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸. パキスタン〉、1987年。
  • サアーダット・ハサン・マントー『黒いシャルワール マントー短編集』片岡弘次共編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸. パキスタン〉、1988年。
  • アフマド・ナディーム・カースミー『静寂 カースミー短編集』編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸. パキスタン〉、1988年。
  • サアーダット・ハサン・マントー『グルムク・スィングの遺言 マントー短編集』片岡弘次共編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸. パキスタン〉、1990年。
  • ハディージャ・マストゥール『ダーダーと呼ばれた女 K.マストゥール短編集』編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸. パキスタン〉、1992年。
  • 『百葉花(1-3)』ムハンマド・ライース共編訳、大同生命国際文化基金、1991年-1994年。- 萬葉集のウルドゥー語訳。

出典[編集]

  1. ^ 萩田博「土井久彌氏、鈴木斌氏旧蔵寄贈文献について (南アジア・東南アジア関係史資料収集事業紹介)」『史資料ハブ : 地域文化研究 : 東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」』第6巻、文部科学省21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」総括班、2005年、 123-125頁、 hdl:10108/26267ISSN 1348-3250NAID 1200009926852022年12月23日閲覧。
  2. ^ a b 日本のウルドゥー語教育の歩み”. 大阪大学外国語学部. 2017年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年