鈴木島吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 島吉(すずき しまきち、1866年8月5日慶応2年6月25日) - 1943年昭和18年)11月24日)は、明治期の銀行家、日本興業銀行初代総裁。

経歴[編集]

遠江国(現・静岡県)生まれ。1889年(明治22年)慶應義塾卒業。

横浜正金銀行の上海支店長、副総裁を経て、朝鮮銀行総裁。1927年(昭和2年)日本興業銀行総裁となる。

参考文献[編集]